ここから本文です

「ミシュランガイド香港マカオ2018」ビブグルマンカテゴリー掲載店先行発表=マカオから9店

2017/10/30(月) 13:01配信

マカオ新聞

 香港・マカオでも高い知名度と信頼性を誇るグルメガイド「ミシュランガイド香港マカオ」の2018年最新版が11月30日に発刊予定だ。同タイトルは今年で10年目となる。

 仏ミシュラン社は10月30日、コストパフォーマンスが高いレストラン(香港マカオ版では前菜、メインディッシュ、デザートのセットコースで300香港ドル=約4370円以下が基準)をピックアップする「ビブグルマン」カテゴリーの掲載店リストを先行発表した。

 2018年版のビブグルマンカテゴリー掲載レストラン数は、香港が前回版から22店増の73店だった一方、マカオが3店減の9店(下記リスト参照)に。新規リスト入りは香港が17店、マカオはなしだった。

【資料】
「ミシュランガイド香港マカオ2018」
マカオのビブグルマンカテゴリー掲載店リスト
・カスチゾ(ポルトガル料理)
・陳勝記(広東料理)
・祥記(麺)
・鼎泰豐シティ・オブ・ドリームズ店(上海料理)
・濠江志記美食(広東料理)
・IFTエデュケーショナルレストラン(マカオ料理)
・老記ファイチーケイ店(広東料理)
・六記粥麺(粥・麺)
・陶陶居(広東料理)

 なお、星を獲得したレストランを含むフルリストについては、発刊日の11月30日からミシュランガイド香港マカオ公式ウェブサイトで確認することができるという。

最終更新:2017/10/30(月) 13:01
マカオ新聞