ここから本文です

高橋悠介全日本優勝 敗れた江原弘泰 複優勝の快挙【全日本】

10/30(月) 14:57配信

TENNIS.JP

10月29日(日) 三菱 全日本テニス選手権

男子シングルス決勝が行われ、20歳になったばかりの高橋悠介(三菱電機)が2014年チャンピオンの江原弘泰(日清紡HD)を0-6,6-4,7-5で破り初優勝を飾った。

高橋は高校時代、腰の故障明けだったが、インターハイで優勝。続く全日本ジュニア18歳以下決勝では全身ケイレンに襲われながらも優勝している。
3週間前の楽天ジャパンオープンでは、まだ19歳。主催者推薦で出場、厳しい予選を勝ち上がり、初のツアー本戦でハリソン(米国)に4-6,6-4,4-6-4で敗れたが、最後まで攻めの姿勢で戦い抜いた。
派手さはないが、内に秘めたファィテング・スピリットが大きなプレーヤーだ。

一方の江原は2008年からは10年連続出場。2014年には今大活躍の杉田祐一を7-6(7),6-4で破り優勝している26歳。
今年は苦しみながらも単複共に決勝に進出している。
準々決勝では第1シードの伊藤竜馬を「対戦したかった」と言ってストレートで破り、準決勝ではジュニア時代からのライバル関口周一を第1セット2-5から挽回して勝っている。
年下だが格上の高橋との対戦も「楽しみ」とプレッシャーを楽しんでいるようだった。

両者の戦う姿勢、メンタルの戦いも見えた全日本決勝にふさわしい試合だった。

全日本は メンタルの戦い

<<男子シングルス決勝>>
〇高橋悠介 0-6 6-4 7-5 ●江原弘泰

高橋は今年、フューチャーズ3大会に優勝、楽天ジャパンオープンでは予選突破。
高橋ATPデーター グランドスラム大会予選出場ギリギリの244位。

江原は、「全日本を楽しむ」ことをテーマに、走力とショットの緩急、テニスのうまさで戦っている。

第1セットは江原が6-0で取った。
高橋は決勝進出まで1セットも落とさず勝ち上がってきていたのだが、自分のサーブさえキープできずに落とす。

第2セット

江原がラブでキープ、ここまで7ゲーム連取だ。

第2ゲームでやっと自分のサーブをキープする高橋、1-1。
ここでニューボールになったのも気分を変えるきっかけになったのだろうか?

江原の第3ゲーム、
高橋が先にダウン・ザ・ラインをきめ30-40、続くポイントもフォアクロスを決めて先にブレーク、3-1とする。

やっと高橋らしいプレーがでてきて第2セットを取り返す。

ファイナル・セット

高橋本来のプレーができはじめ、2ブレークで3-0とする。

ここで江原がインジャリータイムを取ると流れが変わる。
高橋は「(この間に優勝を)意識してしまった」と言う。
この隙をつき、江原はスマッシュ、サービス・エースなどリスクの高いプレーで攻め、なんと4ゲーム連取、4-3だ。

キープが続き、江原がラブキープ、5-4とし、プレッシャーをかける。

高橋も勇気を持って攻め15でキープ、両者一歩も引かない。5-5。

5-5、30-30から江原ダブルフォルト、30-40のピンチ。
ナイスサーブでデュース。
江原もゲームポイントが2回あったが、デュースが続く。

「目の前のポイントが取りたくて、取りたくてしようがなくて、変に力んでしまった。
この状況で力まないと言うのは無理だったので、気持ちでねじ込むようにプレーしていた。」と高橋。

4度目のデュース、10回目のラリー、高橋がネットで決め、このゲーム、3度目のブレーク・ポイント。
江原、勇気を持ち、フォアの回り込みでダウン・ザ・ラインを狙ったが、ワイド、高橋がブレークに成功する。

6-5、高橋サービング・フォ・ザ・マッチ、
21回のラリー戦は江原に。0-30、簡単には決まらない。

高橋、鋭角の修造サーブを決め15-30。
ここでTへサービス・エース、30-30と追いつく。

高橋、やや逆をついたフォアのクロスで、40-30とマッチポイント、

7回目のショット、高橋はフォアのクロスを放ちネットにつく、追う江原はパッシング・ショットを試みようとするがバランスが保てなくコートに倒れた。

高橋悠介が優勝の重圧に打ち勝った。
「何回も苦しい場面があったが、なんとか踏ん張って打ち勝てた。
名誉ある全日本に優勝できて嬉しい。誇りに思いたい。」

20歳の優勝は1899年17歳で優勝した谷沢英彦、昨年の綿貫陽介(18歳)、1996年の鈴木貴男(20歳)に次ぐ4番目の年少優勝者になった。

単複決勝進出の江原弘泰見事ダブルス優勝

「体は限界だったが、体にむち打って、いいプレーができた」と江原。
「全日本は一番好きな選手と組んで優勝したかった。それがきたのでうれしい」と4年ぶり2度目の優勝の片山。

塚越亘、塚越景子

最終更新:12/14(木) 14:53
TENNIS.JP