ここから本文です

債務整理に一定のめど、広島のKE(株)(旧:共立エステート(株))が特別清算

2017/10/30(月) 15:01配信

東京商工リサーチ

 KE(株)(TSR企業コード:740028235、法人番号:9240001002748、広島市中区大手町4-6-16、設立昭和19年4月、資本金1億円、代表清算人:坂本竜二氏)は10月23日、広島地裁から特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は36億5283万円。
 昭和12年に創業した県内トップクラスの総合建設会社で、ピーク時の平成6年3月期には売上高224億4291万円を計上した。12年頃には大規模な開発事業「西風新都リフレッシュパーク(伴北工業団地約10万坪)」を造成したが、販売用不動産に対する資金需要が旺盛で負債が膨らんでいた。その後、西風新都リフレッシュパークの分譲計画が遅れ、マンション開発を手掛ける建築部門の受注も伸び悩んでいた。
 こうしたなか、19年4月に関連会社の広島リアルエステート(株)(TSR企業コード:740415085、広島市中区)が特別清算、20年2月には(株)アジャクス(TSR企業コード:351056360、横浜市中区)が破産したことによって不良債権が発生し財務内容が悪化し、多忙な資金繰りが続いていた。
 自主再建を目指し、21年6月に建設部門を広島クリエイト(株)(現:(株)共立、TSR企業コード:742146863、法人番号: 2240001020913、広島市中区)へ分割し、当社は債務返済を進めるための資産管理会社として共立エステート(株)に商号を変更。残っていた不動産の売却を進め、債務整理に一定のめどが立ったことから29年6月29日開催の株主総会の決議により解散するとともに、現商号に変更し今回の措置となった。

東京商工リサーチ

最終更新:2017/11/1(水) 14:22
東京商工リサーチ