ここから本文です

ホンダ 新型シビック TYPE R vs スバル WRX STIどっちが買い!?|新時代の武闘派ライバル2台を徹底比較

10/30(月) 12:15配信

オートックワン

諸行無常!?WRX STIに“新たな”ライバルが登場

インプレッサ時代を含め、これまでスバル WRX STIのライバルは三菱 ランサーエボリューションであった。どちらもWRCのベース車両としての生い立ちを持ち、コンパクトなボディにハイパワーエンジンを搭載したスポーツAWDセダンとして登場。お互いを「よきライバル」と称し、通常の車両開発ではありえないスピードで進化が行なわれたのと同時に、ロードカーとしての魅力も引き上げていった。しかし、三菱 ランサーエボリューションは2015年に惜しくも生産終了、残念ながらこの対決は終止符が打たれた。

新時代の武闘派モデル2台を徹底比較!画像ギャラリーでもっと見る

その後、WRX STIは独自の進化を行なっていくが、新たなライバルも出現。ガチンコで言えばVWゴルフRやアウディ TT-RSと言った欧州のAWDスポーツたちだが、実は身近な所にもライバル存在する。それは7年ぶりに国内導入が復活したホンダ シビックのスポーツモデル「タイプR」だ。

これまでならジャンルの違う両モデルだったが、最新モデルは意外と共通点は多い。「モータースポーツ直系のロードバージョン」、「ベース車両は競合モデル」、「性能と価格のバランスが近い」などがその理由だ。「FFとAWD、駆動方式が根本的に違う」と言う人もいるが、スバルのエンジニアは「スバルはAWDがデフォルトなので、FFのライバルに対して言い訳をしない開発をしている」と語っている。それはスポーツモデルも同じだ。

そんな事から、今回はWRX STIとシビックタイプRを多角度から比較をしてみたいと思う。

シビック タイプR vs WRX STI|エクステリア比較

まずエクステリアだが、ベース車(シビックRはシビック ハッチバック、WRX STIは4代目インプレッサ)に対して機能を形にしたアイテムを数多く採用することでスポーツイメージをプラスさせているのは共通。WRX STIはビックマイナーチェンジで力強さをアップさせた一方で、大型ウイング仕様以外に小型トランクリップ仕様やWRブルー以外のボディカラーをイメージカラーにするなどロードカー寄りにシフトしているが、逆にシビックタイプRは先代モデル(FK2)よりも過激でガンダムチックなスタイルとなった。

この2台、全長や全高は大きく変わらないのだが、視覚的にシビックタイプRのほうが大きく見えるのは、全幅がWRX STIの1795mmに対して、シビックRは1875mmだからかもしれない。

1/4ページ

最終更新:10/30(月) 12:15
オートックワン