ここから本文です

台風の影響で「あしなが学生募金」激減。ぜひ皆様のご協力を!

10/30(月) 18:50配信

ファイナンシャルフィールド

あしなが育英会の募金活動が全国で始まりました。会の援助を受けている高校生や、大学生が街頭に立ち「温かいご協力、ご理解をお願いします」と、あしなが育英会の寄付を呼び掛けています。

今年は、台風21号の影響により、第95回あしなが学生募金活動が難航しているといいます。あしなが育英会の活動に賛同される方は、ぜひ寄付にご協力ください。

あしなが育英会(あしなが奨学金)の活動内容

あしなが育英会は、高校、大学、専門学校などに進学を希望している、経済的に苦しい遺児等に奨学金を無利子で貸与しています。

対象は、病気、災害、自死(自殺)など道路上の交通事故以外で保護者を亡くしたり、保護者が著しい障害を負っている家庭の子どもたちです。あしなが育英会というと遺児のための奨学金というイメージが強いですが、保護者が著しい障害を負っている場合も利用できます。

奨学金(月額)は、高等学校・高等専門学校奨学金(国公立2万5千円、私立3万円)、大学・短期大学奨学金(4万円または5万円)、専修・各種学校奨学金(4万円)、大学院奨学金(8万円)、となっています。

また、私立学校入学一時金制度(高校30万円・大学40万円)、高校奨学生対象の大学等への進学仕度一時金(40万円)もあります。他の奨学金との併用が可能です。

ただし、他の団体があしなが育英会との併用を認めないケースがあります。奨学金(月額)の振込は3か月ごとです。

申込は、入学前に申請する「予約募集」と入学後に申請する「在学募集」があります。大学奨学生、大学院奨学生は、書類審査と面接試験があります。成績は問いません。奨学生は、原則、全員、「奨学生のつどい」に出席する義務があります。

奨学金は、卒業後20年間で分割返還します。返還が困難になったときには、返済猶予や返済免除といったセーフチィーネットがあります。

格安で利用できる寮もあります

利用できるのは、あしなが育英会の奨学金を借り、首都圏や関西圏の大学(短期大学)に通う遺児学生です。「あしなが心塾(東京・日野市)」と「虹の心塾(神戸市)」があります。

専修・各種学校は対象外です。寮費は、家具・寝具など完備で、光熱費など含め、朝夕2食付きで、月額1万円で利用できます。

1/2ページ