ここから本文です

ホンダ モンキー125|生産終了したホンダを代表する原チャが125ccになって復活!?

10/30(月) 13:17配信

オートックワン

ホンダは、10月25日より開幕した第45回東京モーターショーにおいて「モンキー125」を公開した。

ホンダ モンキー125を更に詳しく見る!(画像17枚)

多数のファンに惜しまれながらも、2017年8月で生産が終了したホンダを代表する原付きバイク「モンキー」。

今回公開された「モンキー125」は、その原付きバイク「モンキー」の後継車的位置づけとして参考出展されたモデル。同車はこれまでにも、バンコクモーターショー2016では、前身となる「モンキー コンセプト」という名称で展示されており、今回も参考出展ながら、“コンセプト”の名称は外され、ほぼ市販化ベースへと発展したモデルと予想される。

モンキー125は、原付モデル同様ショート&トールボディーに、台形タンクやアップマフラー、タックロールシートなど先代モデルのイメージを踏襲しつつも、フルLEDヘッドライトやLEDテールランプ、デジタルメーター、ウェーブキーなど先進装備も備える。

エンジンには、同社の小型自動二輪車「グロム」ベースと見られる125ccの空冷単気筒エンジンを搭載し、足まわりはフロント倒立サスペンションや前後ディスクブレーキを備えるほか、フロントのみABSを装備する。

気になる市販化については、東京モーターショー2017の来場者の反応をみながら検討するとのこと。今後の動向に注目が集まる。

最終更新:10/30(月) 13:17
オートックワン