ここから本文です

ビヨンセ夫妻が購入した、ゴージャスすぎる新居の全貌をお届け!

2017/10/30(月) 21:40配信

ELLE ONLINE

ビヨンセとジェイ・Zは、ひと足早く来年の夏のバカンスに備えているよう。というのも、「ビハインド・ザ・ヘッジス」が真っ先に報じた通り、ふたりは2,600万ドル(約29億円)かけて12,000平方フィート(約1,114平方メートル)の敷地を持つ広大な別荘を購入したばかり。総資産10億ドル(約1,126億円)を有し、音楽業界の頂点に立つこのパワーカップルらしく、この新居もハンパない豪華さが話題になっている。その全貌をUS版『エル・デコ』からお届け。

“ポンドハウス”という名で知られるこの邸宅は、マンハッタンのペンシルバニア駅やコロンビア大学のメインキャンパスの設計を手がけた建築事務所であるマッキム、ミード&ホワイトのスタンフォード・ホワイト氏による設計だそう。寝室は7つ、バスルームも7つ半ある。

2エーカーの敷地内から、ジョージカ池まで203フィート(約61メートル)までの岸辺を望む。17エーカー(約6.9ヘクタール)の自然保護区域に隣接している。

現在、ビリー・ジョエルのサグハーバーにある家の建築を手がけており、ハンプトンで建築業を営むジェフリー・コール氏がこの邸宅の元オーナー。彼は、ジョージカ池と岸辺の風景が正面から見えるよう、邸宅の向きを90度回転させたのだそう。

30フィート(約9メートル)もの天井を持つリビングルーム。この部屋の西側からは池が望める。

玄関ホールがこちら。壮麗という表現がぴったりなスペース。

キッチンには、18世紀に採掘された石製の暖炉があるらしい。バスルームには、イタリアのヴェローナで採掘されたひとかたまりの大理石を使用。

この物件は2009年に3,950万ドル(約44億円)という価格で売りに出されたのだそう。のちに約2,900万ドルに値下げされ、しばらくは売りに出されなかったものの、再び売りに出されたとのこと。1,800平方フィート(約167平方メートル)のゲスト用コテージは、リビングルームとフルキッチン、寝室2部屋、バスルームを完備している。

8月にふたりはロサンゼルスの邸宅を8,800万ドル(約99億円)で購入したばかり。これで、東海岸と西海岸の両方でA級セレブにふさわしい生活拠点が確保できたというわけ。

original text:SAM DANGREMOND translation: Rubicon Solutions, Inc.

※この記事は、海外のサイト US版『ELLE DECOR』で掲載されたものの翻訳版です。

最終更新:2017/10/30(月) 21:40
ELLE ONLINE