ここから本文です

人気人形作家が計4300万円詐取 岡山県警逮捕、新たに220万円

10/30(月) 23:30配信

山陽新聞デジタル

 人形作家らによる多額詐欺事件で、岡山県警捜査2課と倉敷署は30日、新たに顧客2人から現金計220万円をだまし取った疑いが強まったとして、詐欺容疑で人形作家の堀佳子(54)=東京都文京区、元マネジャーの無職渡辺志保(54)=浅口市=の両容疑者を逮捕した。2人は既に岡山地検に逮捕、起訴されており、今回の逮捕分を含めて明らかになった被害額は計4395万円に上る。

 逮捕容疑は2013年9月30日と同11月10日、倉敷市、会社役員男性(68)から人形制作費などの名目で計120万円を詐取したほか、14年1月にも総社市、女性(69)から2回にわたり、事業資金の借り入れ名目で計100万円をだまし取った疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 県警は今月、この男女2人から被害届を受理していた。他にも同様の相談が寄せられているという。

 堀容疑者を巡っては、岡山県内外の男女3人が15年、計約8700万円の詐欺容疑で岡山地検に告訴した。地検は岡山、広島県の男女4人から4175万円を詐取した疑いで、堀、渡辺両容疑者を逮捕、起訴している。

最終更新:10/30(月) 23:30
山陽新聞デジタル