ここから本文です

杉田祐一 パリ初戦は世界77位クライノビッチ<男子テニス>

10/30(月) 13:40配信

tennis365.net

ロレックス・パリ・マスターズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、ハード、ATP1000)は29日、シングルス予選決勝が行われ、F・クライノビッチ(セルビア)がL・ディーレ(セルビア)を5-7, 6-3, 6-2の逆転で下し、本戦進出を決めた。この結果、世界ランク38位の杉田祐一は初戦で同77位のクライノビッチと対戦することが決まった。

【杉田らパリ・マスターズ 対戦表】

両者はツアー本戦では今回が初の対戦。ツアー予選と下部大会では2度顔を合わせており、クライノビッチが2連勝している。

25歳のクライノビッチは今季、チャレンジャー5大会でタイトルを獲得。10月のクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、ハード、ATP250)では予選を勝ち抜き、今季初のツアー本戦出場を果たした。

一方、29歳の杉田はロレックス・パリ・マスターズに今回が初の出場。昨年は予選1回戦でJ・ベネトー(フランス)にフルセットで敗れていた。

両者の試合はコート1の第3試合に組まれた。同コートの第1試合は、日本時間30日の19時(現地30日の11時)に開始予定。

初戦を突破すると、2回戦で第10シードのS・クエリー(アメリカ)、3回戦で第8シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、準々決勝で第1シードのR・ナダル(スペイン)のシード勢と対戦する可能性がある。

今大会の上位シード勢は、第1シードがナダル、第3シードがM・チリッチ(クロアチア)、第4シードがA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードがD・ティーム(オーストリア)、第6シードがG・ディミトロフ(ブルガリア)、第7シードがD・ゴファン(ベルギー)、第8シードがカレノ=ブスタ。

第2シードで出場予定だったR・フェデラー(スイス)は背中の負傷により欠場を発表しており、L・プイユ(フランス)が第17シードに繰り上がり出場となった。

昨年のロレックス・パリ・マスターズは、A・マレー(英国)がJ・イズナー(アメリカ)を下して優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:10/30(月) 13:40
tennis365.net