ここから本文です

予期せぬ敗戦を喫したジダンが語る「立て直す事は可能だ」

10/30(月) 18:20配信

SPORT.es

ジローナはプリメーラ・ディビシオン(1部)初参戦のシーズンにレアル・マドリードを相手に歴史的勝利を収めた。
レアル・マドリードの指揮官、ジヌディーヌ・ジダンは予期せぬ敗戦を喫したにも関わらず、彼のチームがリーガのタイトル争いを続ける事ができると信じている。
「我々は3ポイントを落とした。(首位のバルセロナとの)差は8ポイントだが、これを立て直す事は可能だ。リーガは非常に長い。まだ多くの試合が残っている」ジダンはそのように主張した。

このフランス人指揮官はチームのパフォーマンスについて心配していない事を強調した後、チームがモンティリビでは少し集中力を欠いていた事を認めた。
「サッカーはディティールだ。相手の先制点は我々が集中力を欠いたプレーから生まれた。」

このように語ったジダンだが、選手達がインテンシティを欠いていた事は否定した。
「彼らは責任を持ってプレーし、最後まで努力した。前半は良かったが、2点目を奪う事ができなかった。試合を見直し、詳しく分析する必要がある」ジネディーヌ・ジダンはそのように締めくくった。

(文:EFE)

SPORT.es

最終更新:10/30(月) 18:20
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報