ここから本文です

ジム・キャリーが『マン・オン・ザ・ムーン』を回顧するドキュメンタリー

10/30(月) 12:31配信

CINRA.NET

ドキュメンタリー作品『ジム&アンディ』が、11月17日からNetflixで配信される。

【動画と画像を見る】

1999年に公開されたアンディ・カウフマンの伝記映画『マン・オン・ザ・ムーン』に主演し、『ゴールデングローブ賞』主演男優賞を受賞するなど、カウフマンになりきった演技が高く評価されたジム・キャリー。『ジム&アンディ』は、キャリーが『マン・オン・ザ・ムーン』にいかに没頭し、のめり込んでいったかを振り返るドキュメンタリーで、キャリーの役者論にも迫る内容になっている。

プロデューサーはスパイク・ジョーンズが担当。ジョーンズは、『マン・オン・ザ・ムーン』の撮影当時にキャリーが4か月わたってカウフマンに扮した約100時間のフッテージ映像があると耳にし、その中に物語があるのではないかという考えを抱いたという。

作中でキャリーは、当時すでにトップ俳優だったにもかかわらず、オーディションを受けてまでカウフマンの役を射止めたかった理由について「子供の頃にテレビでアンディを観た時“わぁ、なんて個性的で特別な人なんだ。他の人たちとは違う”と思ったことを覚えている。そして、僕も人とは違っていたから、彼に自分を重ね合わせた。アンディをどうしても演じたかったのは、たぶん僕たちにたくさんの共通点があるからだろうね」と回顧。

またクリス・スミス監督は「本作を撮るにあたっては、関係者全員に取材をしたいという衝動にも駆られました。しかし、当時の映像を見ていくにつれ、私の興味はジムと彼の思考のプロセスのみに絞られていきました。本作を単なるこの出来事のドキュメンタリーではなく、ジムとアンディ2人の人生を感情面から探求する出発点にしたかったのです」と明かしている。今回の発表とあわせて同作の予告編も公開された。

CINRA.NET

最終更新:10/30(月) 12:31
CINRA.NET