ここから本文です

立川談春、落語界のタブーに挑戦「テンパると思う」

2017/10/30(月) 6:00配信

Lmaga.jp

テレビドラマ『下町ロケット』や映画『忍びの国』など、俳優としての存在感も増している立川流の落語家・立川談春が、「フェスティバルホール」(大阪市北区)で12月28日、年の瀬恒例の独演会をおこなう。2015年以来、3年連続での開催。毎年、『芝浜』を口演しており、今年は同時に『文七元結』を披露する。

【写真】幻の長編人情話を復活させた旅する落語家

『芝浜』と『文七元結』は、貧困にあえぐ庶民の姿を描いた人情噺で、江戸落語の大ネタ。いずれもクライマックスは年の瀬と、趣向の似たネタを二席上演するのは、落語の世界ではタブーとされているという。

「聞く方も疲れると思いますよ。ステーキ食べ放題に行った後に、すき焼き食べ放題に連れていかれるようなもの。でも、2700人が入るフェスティバルホールなら『胃もたれ』も少ないと思う」と経験に裏打ちされた自信をのぞかせる。

一方「当日になったらテンパるかもしれない」とぼそり。「初めて落語を聞く人が、この二席を1つのもののように感じるかもしれないので。ただ、『これが落語なんだ』と思ってもらえる効果は狙っています」。

15歳のとき、『立川談志・三十周年記念独演会』で初めて『芝浜』を聞き、談志の下へ入門を志した。「落語でこんなに感情移入をしたり、感情表現をするんだって、終わった後、席を立てなかった。周りの大人もみんな、うつむいていて、子ども心に一人ひとりがこの噺に向き合っていると思ったんです」と振り返る。

それから自身の噺家生活も30年を超えた。「談志はよく『落語は江戸の風が吹いていなきゃいけない』と話していた。その意味がこの頃、わかってきたような気がする」と談春、今年どんな風を吹かせるのか、楽しみに待ちたい。チケットは11月11日より各プレイガイドで発売される。

取材・文・写真/岩本和子

最終更新:2017/11/1(水) 17:36
Lmaga.jp