ここから本文です

JX-ENEOSサンフラワーズが開幕8連勝、三菱電機コアラーズは2位に浮上

2017/10/30(月) 14:19配信

バスケットボールキング

 10月28日と29日に、Wリーグ第4節が各地で行われた。

  JX-ENEOSサンフラワーズが東京羽田ヴィッキーズを相手に2連勝。青森県武道館での第1戦を111-50のダブルスコアで制すと、三沢市国際交流スポーツセンターでの第2戦も107-45で大勝した。通算8勝0敗でリーグ首位を独走する。

 三菱電機コアラーズは新潟市東総合スポーツセンターで新潟アルビレックス BBラビッツに2連勝し、2位に浮上。第1戦で79-42と白星を挙げると、第2戦も85-48と大差で下した。

 府民共済SUPERアリーナで行われた富士通レッドウェーブとトヨタ自動車アンテロープスの連戦は1勝1敗に終わった。第1戦は富士通がトヨタ自動車を64-54で下すも、第2戦はトヨタ自動車が72-66で勝利し、雪辱を果たした。

【10月28日 試合結果】
山梨クィーンビーズ 67-78 トヨタ紡織サンシャインラビッツ
JX-ENEOSサンフラワーズ 111-50 東京羽田ヴィッキーズ
日立ハイテククーガーズ 48-65 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
シャンソン化粧品シャンソンVマジック 74-71 デンソーアイリス
富士通レッドウェーブ 64-54 トヨタ自動車アンテロープス
新潟アルビレックス BBラビッツ 42-79 三菱電機コアラーズ

【10月29日 試合結果】
アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス 59-61 日立ハイテククーガーズ
山梨クィーンビーズ 53-83 トヨタ紡織サンシャインラビッツ
東京羽田ヴィッキーズ 45-107 JX-ENEOSサンフラワーズ
新潟アルビレックス BBラビッツ 48-85 三菱電機コアラーズ
デンソーアイリス 81-57 シャンソン化粧品シャンソンVマジック
トヨタ自動車アンテロープス 72-66 富士通レッドウェーブ

■Wリーグ順位 第4節(10月29日)終了時点
1位:JX-ENEOS(8勝0敗)
2位:三菱電機(6勝2敗)
3位:トヨタ自動車(6勝2敗)
4位:富士通(5勝3敗)
5位:デンソー(5勝3敗)
6位:シャンソン(5勝3敗)
7位:トヨタ紡織(4勝4敗)
8位:日立ハイテク(4勝4敗)
9位:アイシンAW(3勝5敗)
10位:東京羽田(2勝6敗)
11位:山梨(0勝8敗)
12位:新潟(0勝8敗)

BASKETBALL KING