ここから本文です

渡辺麻友、雨のなか全力疾走! AKB48『11月のアンクレット』MV公開

10/30(月) 17:00配信

クランクイン!

 AKB48の50thシングル『11月のアンクレット』ミュージックビデオが解禁された。同シングルは、2017年いっぱいでグループを卒業すると発表したメンバー・渡辺麻友が最後のセンターを飾る楽曲となる。自らの節目となる楽曲について渡辺は「しんみりというよりも意外に楽しく、雨すらも楽しんで撮影にのぞめました」と明かしている。

【関連】『11月のアンクレット』シーン写真&ジャケット写真


 渡辺の天真爛漫な本来の姿を詰め込んだというミュージックビデオは、これまでの歩みを振り返るかのような歌詞に乗せて、グループ内でも随一の“王道アイドル”を体現してきたかわいらしさを全開に描かれる。ほか、ラストでは、雨の中で他のメンバーと共に全力疾走するシーンも収録されている。

 この曲のミュージックビデオについて、初めて48グループの作品を手がけたという監督の平野文子について渡辺は「平野さんがこれまで手がけてこられた作品のどれもが大好きで尊敬するアート・ディレクターさんでした。 そんな平野さんにMVを撮っていただけることになり卒業祝いを頂いたみたいでとても嬉しかったです」と卒業を間近に控えるなかでの思いを打ち明ける。

 指原莉乃がセンターを務めた前シングル『#好きなんだ』は「王道アイドルミュージック・ビデオでした」と振り返るが、本作は「打って変わってアーティスティックな世界観に仕上がっています。メンバーもみな、透明感がありすごく綺麗で、儚くて、とにかく全体的な世界観が素敵でとても気に入っています」と感想を伝えている。

 カップリングの『サヨナラで終わるわけじゃない』はこれまで『言い訳Maybe』『ポニーテールとシュシュ』などAKB48のミュージックビデオを多数手掛けている高橋栄樹。高橋について渡辺は、「『監督は誰が良いか?』と尋ねられた際、『高橋栄樹さんを是非』とお願いをしました。多くのメンバーが卒業曲を高橋栄樹さんに撮っていただいていて、私自身も参加した作品の多くも高橋栄樹さんだったので、長年の信頼関係と言いますか、安心感がありました。とても良い作品になったと思います」とコメントを寄せている。

 AKB48の50thシングル『11月のアンクレット』は11月22日発売。

最終更新:10/30(月) 17:00
クランクイン!