ここから本文です

身を守る注意点学ぶ 富山市針原小で防犯教室

10/30(月) 21:16配信

北日本新聞

 富山市針原小学校(山田正校長)の防犯教室は30日、同校であり、児童が不審者や危険な場所から身を守る注意点を学んだ。

 全校児童193人や針原防犯協力隊(下田義隆隊長)の隊員、地域住民らが参加。富山北署の齊藤武弘生活安全課長が、人通りの少ない場所や周囲から見えにくい公園などに気を付けるよう説明し「危険を感じたらすぐにこども110番の家や銀行など大人がいる場所に駆け込んでほしい」と呼び掛けた。

 終了後、防犯協力隊の結成25周年を記念して県警音楽隊が演奏し「美女と野獣」「前前前世」など人気の7曲を披露した。

北日本新聞社

最終更新:10/30(月) 21:16
北日本新聞