ここから本文です

逆境をはねのけて…『逆転日本一』を振り返る

10/30(月) 12:00配信

ベースボールキング

下剋上に挑むも…

 クライマックスシリーズを制し、3位から日本シリーズに進んだDeNA。実に19年ぶりの出場となる大舞台で下剋上への機運も高まっていたが、初戦・第2戦と敵地でソフトバンクの強さに屈し、連敗を喫した。

 ソフトバンク側から見ると、連勝スタートした1959年、2003年、2015年はすべて日本一に登りつめたという良いデータがあり、全体で見ても連勝スタートのチームは過去35例あってそのうち26チームが日本一になっている。言わずもがな、先手を取ったチームの方が有利なのだ。

 しかし、ちょっとしたキッカケで流れが一変するのが短期決戦の怖さ。31日からの第3戦は舞台も横浜スタジアムに変わる。CSはファーストステージからずっと敵地での戦いを強いられてきたDeNAは、久々に帰ってくる本拠地で勢いを取り戻すことができるか。セ・リーグ代表としての意地に期待したいところだ。

連敗からの逆転は過去8度

 過去の日本シリーズを振り返ってみると、連敗スタートからの逆転は8例ある。

 記憶に新しいのが昨季の日本ハム。敵地で広島の勢いに屈するも、本拠地に戻った第3戦を取るとそこからホームで3連勝。勢いそのままに敵地での第6戦にも勝利し、2連敗からの4連勝で頂点を掴んだ。

【連敗スタートからの逆転日本一】
1958年:西鉄(●●●○○○○)
1962年:東映(●●△○○○○)
1979年:広島(●●○○○●○)
1980年:広島(●●○○●○○)
1989年:巨人(●●●○○○○)
2000年:巨人(●●○○○○)
2011年:ソフトバンク(●●○○○●○)
2016年:日本ハム(●●○○○○)


 DeNAは大洋時代の1960年と横浜時代の1998年に日本シリーズに出場し、いずれも日本一に輝いている。これまで複数回日本シリーズに出場した経験があるチームのなかで、唯一敗退がないチームとなっているのだ。

 また、横浜スタジアムも1998年に3試合戦って3勝と未だ負けなし。不敗の地で逆襲のキッカケを掴むことができるか。第3戦がシリーズのカギを握る。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/24(金) 13:50