ここから本文です

TCR“世界一決定戦”はホンダ、ヒュンダイが勝利も、総合ポイントでプジョーに軍配

10/30(月) 19:02配信

オートスポーツweb

 TCRシリーズの世界統一戦として設定され、イタリアのアドリア・インターナショナル・レースウェイを舞台に初開催された“TCRヨーロピアン・トロフィー”は、レース1をドイツ王者のジョシュ・ファイルズ(ホンダ・シビック・タイプR)が、レース2を新型ヒュンダイi30 N TCRで参戦したガブリエル・タルキーニが制したものの、合計獲得ポイントにより初代王者はTCRベネルクスを主戦場とするオーレリアン・コンテのプジョー308 TCRのものとなった。

【写真】賞典外ながら速さをみせたヒュンダイi30 N TCR

 TCRインターナショナル・シリーズを頂点に、ベネルクスやミドル・イーストなどのリージョン・シリーズ、そしてドイツ、イタリア等の国内シリーズからも強豪が集結した“世界一決定戦”ともいうべき1戦は、インターナショナルのレギュラー勢であるクラフト-バンブー・ルクオイルやレパード・レーシング、M1RAが不在のなか、各国のトップコンテンダーが躍進。

 その中心的存在として活躍を演じたのはTCRドイツで連覇を果たし、初開催ウインターリーグである中東シリーズでも初代王者に輝いたファイルズのシビックだった。

 初日のテストセッションではファイルズが、続くプラクティス1では同じくターゲット・コンペティションからエントリーするジャコモ・アルト(ホンダ・シビック・タイプR)がトップタイムをマーク。

 アルトもまた、ファイルズと中東シリーズのタイトル争いを展開した期待のティーンエイジャーであり、今季のインターナショナルではジャンニ・モルビデリのチームメイトとして、ウェスト・コースト・レーシング(WCR)のフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRをドライブした実績を持つドライバーでもある。

 そんな2台のシビックの前に立ちふさがったのが、インターナショナルの前戦・中国ラウンドからテスト参戦を開始した、ヒュンダイ・モータースポーツの優勝請負人、タルキーニのヒュンダイi30 N TCR。

 まだ正式ホモローゲーション前の賞典外エントリーとなるのはインターナショナルと同様ながら、最終プラクティスはタルキーニが最速を記録すると、予選でもそのままの速さでファイルズ、アルトを従えポールポジションを獲得してみせた。

 しかしここで黙って引き下がるわけにはいかないファイルズは、今季2冠の意地を見せるべく、スタートの攻防でポールシッターのタルキーニに競り勝ち1コーナーを制圧。

 先行されたタルキーニは、挽回を期してファイルズのシビックへのアタックを繰り返し、何度もファイルズのリヤバンパーをプッシュする激走を見せるが、王者のディフェンスを見せたファイルズが最後まで先頭を譲り渡すことなく、トップチェッカー。

「今日のマシンは本当に素晴らしい仕上がりだった。あの大ベテランは速い上に老獪で、タフな相手だったよ(笑)。僕は何度もバンパーを小突かれたけど、なんとか守りぬくことができてよかった」と、そのまま見事レース1勝利を決めて見せた。

 20周のレース終盤、ファイルズを援護すべくタルキーニの背後に迫ったアルトが3位表彰台。4位にはTCRベネルクスでタイトル争いを展開するDGスポーツ・コンペティションのオーレリアン・コンテ(プジョー308 TCR)が入り、5位はSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権に参戦したLMSレーシングのアウディRS3LMSをドライブするアンティ・ブリ、6位にベネルクスでコンテの対抗馬としてタイトルを争うチームWRTのマキシム・ポティ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)のトップ6となった。


 レース1トップ10のリバースグリッドとなったレース2は、9番手スタートとなったタルキーニと、10番グリッドの勝者ファイルズが、スタートからともに前走者を次々と仕留めるオーバーテイクショーを披露。

 4周目にはともに4番手、5番手までポジションアップを果たすと、翌周にはコンテ、ブリ、ポティが率いる先頭集団のすぐ背後につける驚異的ペースで追い上げを見せる。

 しかし2台揃って上位をうかがったタルキーニとファイルズは、ここで明暗が大きく分かれる展開となり、ラップごとに1台ずつ仕留めて11周目に首位浮上を果たしたタルキーニに対し、ファイルズは焦りからか10周目の1コーナーでポティのインサイドに飛び込むと、マシンを止め切れずアウトサイドにいたブリのアウディRS3 LMSにヒット。

 ブリはスピンを喫しコース復帰できずリタイア。このアクシデントに対し、スチュワードからドライブスルーのペナルティを課されたファイルズは、リスクヘッジの失敗に対してトロフィー獲得を逃すという大きな代償を払う結果となってしまった。

 結局、ベテランの妙味を見せイギリスのBRCレーシングがオペレーションするヒュンダイi30 N TCRを見事トップスポットに運んだタルキーニがTCR2勝目をマーク。その背後では、終盤接近戦を演じたコンテがアルトの猛攻を抑えきり2位フィニッシュ。

 これで賞典外のタルキーニを除き、最大25ポイントを獲得したコンテが総ポイントでアルトと並んだものの、獲得ポジションで3位、1位のコンテが、2位、2位のアルトを抑えて見事にヨーロピアン・トロフィー王者に輝いた。

「1.6リッター・ターボ(グリッドで最小排気量マシン)というハンデを抱え、パフォーマンスの面ではまだまだ足りないものが多くあるけど、その軽さとコンパクトさを武器に良いレースペースを披露することができた。タイトルが獲得できてすべてOKだね」と、コンテ。

 チームズ・トロフィーはファイルズ、アルトのターゲット・コンペティションが獲得している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/30(月) 19:03
オートスポーツweb