ここから本文です

リカルド意気消沈「交換したてのPUが壊れた。根本的な問題があると思う」:レッドブル F1メキシコGP日曜

10/30(月) 14:38配信

オートスポーツweb

 2017年F1メキシコGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはリタイアに終わった。

チームメイトのフェルスタッペンが今季2勝目を挙げた

 パワーユニット交換(MGU-H、ICE、ターボチャージャー)で20番グリッド降格のペナルティを受けて16番グリッドからスタートしたリカルドだが、レース序盤にルノーのMGU-Hにトラブルが発生したものとみられる。

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=リタイア
 スタートではやれる限りのことをしたと思う。近くにたくさんのマシンがいて、いろいろなことが起きていたけれど、僕は早々にポジションを上げることができた。

 今朝、(レッドブルのモータースポーツコンサルタントの)ヘルムート(・マルコ)に「1周目の終わりには7位になっているからね」って言ったんだ。何周か遅れたけど、実際にそこまで行けた。だからすごく期待できそうだった。

 でも6周目にターボが異音を発し始めて、それからパワーがなくなった。なんとかピットには戻れたけれど、レースを続けることはできなかった。

 金曜は好調で、昨日の午後はうまくいかなくなって、今日はさらに事態が悪くなった。昨日の夜に新しいパワーユニットを載せたのに、MGU-Hのトラブルが起きた疑いがある。エンジンに何か基本的な問題があるのだと思う。ここでは何年も走っているのだから、驚くようなことが起きてはいけないんだ。標高と温度による問題に対処するのは簡単なことではなくて、それによって何人かが、辛い週末を送る羽目になったのだろう。

 また早々にレースを終えなければならなくて残念だ。マックス(・フェルスタッペン)は今年序盤に同じような経験をしていたね。もちろん楽しいわけがない。

 ブラジルではもうペナルティを受けずに済めばいいんだけど。どうすれば笑顔になれるのか分からない。今、すごく苦しいんだ。でもどうすることもできない。僕にはこの状況を変えることはできないんだから。


[オートスポーツweb ]

最終更新:10/31(火) 16:41
オートスポーツweb