ここから本文です

フォース・インディア、コンストラクターズ選手権4位確定。ダブル入賞のペレスとオコン「今夜はお祝い!」

10/30(月) 17:06配信

オートスポーツweb

 2017年F1メキシコGP決勝で、フォース・インディアのセルジオ・ペレスは7位、エステバン・オコンは5位だった。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が4度目のタイトルを獲得

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=7位
 昨日の予選があまり良くなかったにもかかわらず、今日はうまく挽回して、十分な競争力のあるペースで本当にいいレースができた。ただひとつ残念なのは、僕らにとってはありがたくないタイミングでバーチャルセーフティカーになり、(ランス・)ストロールに前に出られてしまったことだ。あれがなければ、6位でフィニッシュできたと思う。

 この週末の最大の目標は、チームのコンストラクターズ選手権4位を決めることだった。あと2戦を残して、その目標を達成できたことが何よりもうれしい。大勢のファンの素晴らしい応援の中で、今回もまた特別な週末になった。僕に力を与えてくれたメキシコのファンのみんなに、心から感謝したい。

エステバン・オコン 決勝=5位
 チームにとって最高の日になった。レースで5位に入り、チームが選手権4位を確定したのは、堅実に戦ってきた末に手にした素晴らしい成果だ。

 しばらくの間、3位を走っていたから、表彰台に上がるのも夢ではないと思っていたんだけどね。僕は最高のスタートを切って、前には誰もいない状態で可能な限りハードにプッシュしていた。ただ、残念なことに、バーチャルセーフティカーがキミ(・ライコネン)にピットストップでアドバンテージを与える形になリ、彼に抜かれてしまった。最後の数周はストロールに追いつかれて、全く気が抜けなかった。彼の方がタイヤが新しかったこともあって、後方から迫ってきたんだ。何とか抜かれないようにするために、全力を出し切る必要があった。

 ハードな仕事の後に良い結果が得られたから、満足感は大きい。今夜のお祝いが楽しみだよ。


[オートスポーツweb ]

最終更新:10/31(火) 16:41
オートスポーツweb