ここから本文です

五輪日本代表の監督に就任した森保氏「全身全霊を持って務め上げたい」

10/30(月) 13:13配信

SOCCER KING

 日本サッカー協会(JFA)は30日、2020年東京オリンピックに出場するU-23日本代表の監督に就任した森保一監督の記者会見を行った。

「全身全霊を持って務める」と語った森保監督は「自国開催で結果を求められることは重責ですが、皆さんに納得していただけるように頑張ります」と意気込んだ。さらに「私がこれから指導する選手たちは、今までいろんな指導者に指導された人たち。彼らのこれまでの努力が花開くように、成長の助けになりたい」と、成長と結果の両方を追求するという。
 どのようなスタイルを貫きたいかという質問に「選手を見極めながら柔軟に考えたい」と明かした森保監督は「個人とチームのベースアップを目指しながら最良の選択肢を導きたいと考えている。五輪を目指す選手たちには夢を持ってチャレンジして欲しい」と、若い選手の奮起を期待した。

 また、JFAの西野朗技術委員長は監督選考の理由も語っている。「私もアンダー世代の監督を努めていましたが、変人だとか言われました。でもブラジルに勝つことができましたし、そういう人は自分のスタイルを知っている。彼も変人だと思った。だから一緒に戦って欲しいと考えたんです」とジョークも交えつつ述べた。

SOCCER KING

最終更新:10/30(月) 13:25
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合