ここから本文です

ボージョレ新千歳に到着 「ブドウの味凝縮されいい出来」

10/30(月) 16:33配信

苫小牧民報

 フランス東部・ブルゴーニュ地方産のワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が28日午後3時、新千歳空港に到着した。コンビニエンスストアの道内大手セイコーマートを運営するセコマ(札幌市)が輸入。担当者は「例年よりブドウの味が凝縮され、アルコール度数も0・5~1%高くワインらしさが際立ち、出来がいい」と話していた。

 約8500リットルに相当する約1万1400本が、フランスから台湾経由で、台湾のエバー航空定期便で運ばれて到着。札幌国際エアカーゴターミナル(SIACT)で開封され、函館税関千歳税関支署による検品作業が行われた。

 セコマは今年、12万5000本を輸入する予定で、「ボージョレ・ヌーボー2017」(税込み1880円)と「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー2017」(同2230円)両種類を販売する。サイズはいずれも750ミリリットル。予約状況は現在約6万3000本で、解禁は11月16日。

苫小牧民報

最終更新:10/30(月) 16:33
苫小牧民報