ここから本文です

4戦連続出場も川島永嗣は無念の2失点…最下位・メスは泥沼の5連敗

2017/10/30(月) 0:53配信

ゲキサカ

[10.29 リーグ1第11節 リヨン2-0メス]

 リーグ1は29日に第11節を行い、日本代表GK川島永嗣所属のメスは敵地でリヨンと対戦し、0-2で敗れた。川島は4試合連続で定位置を確保しているものの、メスは連敗ストップとはならなかった。

 第10節を終えて1勝9敗の最下位と苦しい状況が続くメスは22日、フィリップ・ヒンシュベルガー前監督を解任。28日には、昨季途中までモンペリエを指揮し、2004年から07年までル・マンでMF松井大輔(現オドラオポーレ)を指導していたフレデリック・アンツ監督の就任を発表した。なお、今節はアンツ監督の指揮ではなく、暫定的にコーチであるホセ・ピノ氏が率いる。

 対して、5勝4分1敗の4位と好調をキープしているリヨンは、左サイドハーフにFWメンフィス・デパイ、トップ下に今季7得点のMFナビル・フェキル、最前線に今季8得点のFWマリアーノといった強力な攻撃陣を配置した。

 リヨンが序盤から攻勢に出る。前半6分、左サイドからフェキルがDFマルサウとのワンツーで突破し、PA左で左足シュートを放つ。至近距離から蹴られたシュートを川島は防げず、リヨンの先制点となった。同20分には最終ラインの裏を抜けたDFケニー・テテがPA右に進入しマイナス方向に折り返すと、再びフェキルが左足で押し込んで追加点。リヨンは前半を2-0で折り返した。

 リヨンは後半27分にMFフセム・アワールが右足シュートを放つが、川島が横っ飛びで好セーブ。同43分にもFWマックスウェル・コルネがPA右からノーマークで右足シュートを放つが、川島がスーパーセーブで防ぎ切った。メスは決定機をつくれずに0-2で敗れて泥沼の5連敗。11月4日の次節では勝ち点差3の19位・リールと直接対決となる。

最終更新:2017/10/30(月) 17:18
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報