ここから本文です

2連覇中の大分が中津東に敗れる…大分西、大分鶴崎、鶴崎工が4強へ:大分

10/30(月) 20:41配信

ゲキサカ

 第96回全国高校サッカー選手権大会大分県予選は28、29の両日、準々決勝を行った。2連覇中の大分高が3年ぶりの全国出場を目指す中津東高に敗れ、姿を消すことになった。2年連続で準優勝の大分西高は大分南高を大量5得点で下した。

 2011年度に全国4強入りを果たした大分は、夏のインターハイ予選で準決勝敗退。悔しさを晴らすべく臨んだが、12~14年度に3連覇を果たした中津東に1-3で敗れた。初優勝を狙う大分西は大分南に5-2で勝利した。

 唯一、ノーシードから勝ち上がった鶴崎工高は中津東を全国常連校に導いた松田雄一監督が昨年度から就任。準々決勝ではインハイ準優勝の大分工高を1-0で下し、ベスト4進出を果たした。2回戦でインハイ優勝の柳ヶ浦高を破った大分鶴崎高は大分上野丘高をPK戦の末に下した。

 準々決勝の結果、準決勝の日程は以下のとおり

[準々決勝](10月28、29日)
大分鶴崎高 0-0(PK4-2)大分上野丘高
大分南高 2-5 大分西高
大分工高 0-1 鶴崎工高
中津東高 3-1 大分高

[準決勝](11月4日)
大分鶴崎高 vs 大分西高
鶴崎工高 vs 中津東高

最終更新:10/30(月) 20:41
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報