ここから本文です

モトGPの2018年向けセーフティカー「BMW M5」が、2017年の最終戦にデビューする

10/31(火) 9:50配信

carview!

この20年、モーターサイクルスポーツの最高峰、モトGPとパートナーシップを結んでいるBMW。現在はレース運営に欠かせないセーフティカーを提供していることで知られる。セーフティカーといってもGPマシンを先導するには、かなりのパフォーマンスが要求される。それに応えることができるからこそ、長年のパートナーシップが続いているのだろう。

【写真をもっと見る(18枚)】

こうした関係は2018年シーズンも続くことが決まっている。そして、11月10日よりスペイン・バレンシアで開催される今季最終戦において、2018年のセーフティカーとなる「BMW M5 モトGP セーフティカー」がお披露目、投入されることが発表された。2017年9月にデビューしたばかりのM5が、その高性能をモトGPの世界でアピールすることになるというわけだ。

セーフティカーのパフォーマンスは量産モデル同様、すなわち4.4リッターV8ツインターボと8速Mステップトロニックを組み合わせ、M xDriveによって四輪を駆動するパワートレインを持つ。最高出力600ps、最大トルク750Nmというスペックも量産モデルのままだ。とはいえ、軽量チタンマフラーを与えられるなど、セーフティカーの役割を確実に果たすべく、パフォーマンスアップは図られる。

冷却性能や空力特性を考慮したMパフォーマンスパーツによりアピアランスチューンを施し、BMWのワークスカラーとなったルックスは、明らかに凄みを増しているのがひと目で理解できる。ルーフ上にはセーフティカーに必須の回転灯をセットしているが、カーボンルーフとすることで軽量化を図っているのもこだわりポイントだ。

さらにフロントのスプリッターは、モトGPセーフティカー仕様だけの限定アイテム。こうした空力デバイスの設計には、耐久レーシングカーであるM8 GTE開発の知見が活かされているというのも注目だ。

株式会社カービュー

最終更新:10/31(火) 9:50
carview!