ここから本文です

新日本・飯伏、棚橋の「しっかりしなさい」発言に「これ以上何をしろと?」

10/31(火) 0:00配信

デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(30日、東京・後楽園ホール)

 11月5日のエディオンアリーナ大阪大会でIWGPインターコンチネンタル王者の棚橋弘至に挑戦する飯伏幸太が10人タッグの前哨戦で勝利。前哨戦の通算成績を9勝1敗とした。

 飯伏はティタン、ドラゴン・リー、デビッド・フィンレー、ジュース・ロビンソンと組み、棚橋、北村克哉、川人拓来、KUSHIDA、真壁刀義組と対戦。10人が目まぐるしく入り乱れる中、飯伏はキック、棚橋は張り手を激しく打ち合うなど熱戦を展開し、最後はフィンレーが健闘した若手の川人をプリマノクタで葬った。

 試合後、飯伏は「今日も熱くなりましたね。いつも言ってますけど、全然足りないですね。棚橋弘至が全然足りない。もっと体感したいですね。早くシングルでやりたいですね。全然疲れてないですよ」と、前日に続いて臨戦態勢をアピール。この日の大会前に行われた公開調印式では、棚橋から「飯伏、もっとしっかりしなさい。飯伏はもっとできる。飯伏はもったいない」と、挑発とも受け取れる叱咤激励を受けたが、「自分はしっかりしているつもり。だから、別に。これ以上何をしろと?何がダメですか?」と意識していなかった。