ここから本文です

【ホンダF1】「PUは問題なく完走、直線が多い中でもスピードを見せられた」

10/31(火) 7:35配信

TopNews

F1メキシコGP決勝レースを終え、ホンダの長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は次のように振り返った。

●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「驚くようなスタートだったけど、直線でのスピード不足は大きすぎる」

■長谷川 祐介(F1プロジェクト総責任者)

「今日は2台ともに最後尾からのスタートだったにもかかわらず、苦戦が予想されたここメキシコでポイント獲得に至ったことはすばらしかったと思います。

フェルナンド、ストフェルともにすばらしいスタートを決めて、終始入賞圏内に近いところでの戦いを続けてくれました。

特に初日からマシンにいい感触を得ていたフェルナンドは、最後まで熱いレースをみせてくれました。18番手からスタートしての10位という成績は賞賛に値します。

ストフェルもスタートから大きくポジションを上げましたが、惜しくも12位と、ポイント獲得には至りませんでした。

我々のPUについては、薄い空気や高気温に苦しんだ部分はありましたが、このタフなコンディションで問題を起こすことなく完走できたこと、そして長いストレートがある中でもポイントを争うだけのスピードをみせられたことは前向きに捉えています。

チームの的確なタイヤ戦略も奏功していましたし、今日はチームの全員がすばらしいレースをしました。

マクラーレン・ホンダとしては残すところあと2戦になりましたが、今日のような熱いレースが披露できるよう最後まで全力で臨みます」

最終更新:10/31(火) 7:35
TopNews