ここから本文です

博報堂DYMP・ヤフー他、視聴ログやWeb上のCVデータ用いたテレビCMプラニング支援を提供開始

10/31(火) 15:00配信

MarkeZine

博報堂DYMP・ヤフー他、視聴ログやWeb上のCVデータ用いたテレビCMプラニング支援を提供開始

画像

 博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)、Handy Marketingは、Yahoo! JAPANの調査パネル「Yahoo! メディアオーディエンスパネル」(※)をはじめ多様なデータを活用したテレビCMプラニングソリューション「Handy TV Insight」を提供する。

 「Handy TV Insight」は、「Yahoo! メディアオーディエンスパネル」から取得するテレビ視聴ログ、Yahoo! JAPANサイトの行動データや、広告主サイトのコンバージョンデータなど、目的に応じた様々なデータを活用し、オンライン上でのアクションを最大化する効果的なテレビCMプラニングを提示する。

 たとえば、Yahoo! JAPANが提供する広告経由で蓄積したコンバージョンデータをもとに、今後コンバージョンする可能性が高いユーザー層を抽出、それらユーザー層の番組視聴傾向を明らかにできる。

 これにより、広告主のKGI(Key Goal Indicator/重要目標達成指標)に直接的に貢献する、より高度なテレビCMプラニングが可能となる。

 三社の分担としては、博報堂DYメディアパートナーズ、Yahoo! JAPANが「Handy TV Insight」を開発・提供し、多様なデータをテレビCMプラニングに活かす分析をHandy Marketingが行う。

 ※「Yahoo! メディアオーディエンスパネル」は、関東・関西に居住する約8,000人の調査モニターの24時間365日のテレビ実視聴データとYahoo! JAPANサイトの行動データを紐づけたYahoo! JAPANの調査パネル。

最終更新:10/31(火) 15:00
MarkeZine