ここから本文です

米トヨタ、自動運転車専用テストコースと契約…危険な状況を想定したテストも

10/31(火) 11:24配信

レスポンス

米国で人工知能(AI)などの研究開発を行うトヨタの子会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は10月30日、米国のゴーメンタム・ステーション(GoMentum Station)との間で、自動運転車の技術をテストする契約を締結した、と発表した。

ゴーメンタム・ステーションは米国カリフォルニア州に、広さ5000エーカーの広大な自動運転車専用テストコースを保有。TRIはこのテストコースにおいて、最新の自動運転プロトタイプ車の試験走行を行い、技術向上に役立てていく。

ゴーメンタム・ステーションでは、さまざまな地形や、道路、橋、トンネル、交差点、駐車場などの現実的なインフラストラクチャーを再現。TRIは、より長い距離での物体検知を可能にする新開発のLiDAR(ライダー)システムなどの最新技術を検証。さらに、公道テストでは安全面から不可能な、危険な状況を想定したテストも行う予定。

TRIのRyan Eustice副社長は、「ゴーメンタム・ステーションにおいて、自動運転車のテスト走行を行うことで、技術をさらに発展させることができる」と語っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/31(火) 11:24
レスポンス