ここから本文です

中野で「ヘッドフォン祭」 世界200ブランド勢ぞろい、世界初発表の新製品も /東京

10/31(火) 8:02配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 中野サンプラザ(中野区中野4)で11月3日・4日、「秋のヘッドフォン祭2017(Tokyo Headphone Festival 2017 Autumn)」が開催される。主催は「フジヤエービック」(中野5、TEL 03-3386-5956)。(中野経済新聞)

(関連フォト)前回の様子

 同イベントは、世界100社以上のメーカーや販売企業が参加し、ヘッドホン・イヤホン・ポータブルプレーヤー・ヘッドホンアンプなど200を超えるブランドが一堂に集まる国内最大級のポータブルオーディオ展示試聴イベント。2008年より毎年春と秋に開催しており、今回で20回目。会場は中野サンプラザの6階・11階・13階・14階・15階の計5フロア。

 ドイツ・ウルトラゾーン社の新型高級ヘッドホンなど世界初公開や国内初公開の新製品も登場するほか、最先端のハイレゾオーディオ機器や最高級ヘッドホン、ミュージシャンやプロスポーツ選手なども使うようになり注目を集めているというカスタム(オーダーメード)イヤホンのメーカーなども顔をそろえる。

 イベントは、2日間通して8階研修室で開催される「あなただけの音場チューニングヘッドホン WiZMUSIC 体験会」、3日には同階で「野村ケンジさんトークイベント」やJVC社オリジナルアニメキャラクター「響子ちゃん」との記念写真撮影会、15階ではオーディオライター岩井喬さんのオーディオセミナーやAnryさんの「e-onkyo music」ハイレゾ配信発表会&記念ミニライブなども開催予定。

 同社営業部長の石曽根誠さんは「今回で記念すべき20回目を迎え、中野サンプラザが海外メーカーの新製品発表の場に選ばれるなど、世界的にも有名なイヤホン・ヘッドホン・ハイレゾなどの一大イベントとなった。新製品も含めた全出展社の商品を無料で気軽に試聴できるので、音楽好き、良い音の好きな方はぜひ来てほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は、3日=11時~19時分、4日=10時30分~18時。入場無料。イベント日程など、詳しくは特設サイトで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク