ここから本文です

THAADできしんだ韓中関係の修復へ 両国が協議結果発表

10/31(火) 10:24配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は31日午前10時、同部ホームページに、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題に関する中国との協議結果を掲載した。朴槿恵(パク・クネ)前政権下だった昨年7月に韓国政府がTHAAD配備を発表して以降、配備に反発する中国が韓国に対する報復的な措置を取り両国間にあつれきが生じていたが、ひとまず収拾に向かうことになる。中国側も同時に協議結果を発表した。

 両国は協議を通じ朝鮮半島問題などに関連し外交当局間の意思疎通を図ってきたと明らかにした。

 THAADについては、韓国側が中国側の立場と懸念を認識し、韓国に配備されたTHAADは本来の目的通り第三国を狙ったものではなく中国の戦略的安保利益を害さないという点を明確にした。

 THAAD配備について韓国はこれまで、「北の核とミサイルの脅威から韓国と在韓米軍を守るための自衛的な措置」との立場を示してきた。一方の中国は、自国の戦略的な安全保障の利益を損なうとして強く反発していた。

最終更新:10/31(火) 10:27
聯合ニュース