ここから本文です

【SEMA 2017】NSX をカスタマイズ、ホンダのドリームプロジェクト…610hpに強化

10/31(火) 15:21配信

レスポンス

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月30日、『NSX』の「ドリームプロジェクト」の概要を明らかにした。実車は10月31日(日本時間11月1日未明)、米国ラスベガスで開幕するSEMAショー2017で初公開される。

画像:新型ホンダ NSX のドリームプロジェクト

NSXのドリームプロジェクトは、米国アリゾナ州に本拠を置き、NSXのチューニングを得意とする「ScienceofSpeed」とホンダが協力し、新型NSXをカスタマイズ。さらなるパワーアップを図った。

直噴3.5リットル(3493cc)V型6気筒ツインターボエンジンには、リキッドインジェクション・インタークーラーやスポーツエグゾーストなどのチューニングを実施。この結果、3モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッド SH-AWD」は、最大出力がプラス37hpの610hp、最大トルクがプラス4.3kgmの70.1kgmを獲得する。

足回りはサスペンションやブレーキ(ブレンボ製)を強化。ピレリ製タイヤはフロントが20インチ、リアが21インチ。「アドバンGT」の軽量ホイールを組み合わせる。

外観はレーシングカーの「NSX GT3」をモチーフに、大型リアウイングなど、専用のエアロキットを装着。ダウンフォースの向上を狙う。室内には、レカロ製のバケットシートやカスタムメイドのブラックレザーが採用されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/31(火) 15:21
レスポンス