ここから本文です

浅田真央&舞が息ピッタリのレッスン披露「夢を与えられるようになりたい」

10/31(火) 16:44配信

東スポWeb

 フィギュアスケートの元世界女王・浅田真央(27)と、姉でプロフィギュアスケーターの浅田舞(29)が31日、神奈川・横浜市の新横浜スケートセンターで行われた佐藤製薬ストナシリーズの新CM発表会に出席した。

「4月に引退して初めてだったが楽しんでできた」と笑顔を見せた真央は新CMでは白、赤、黄のロングドレス姿で演技した。「競技では短いスカートなので、ロングドレスは滑っていて面白かった」といつもと一味違う衣装でのスケーティングを楽しむ一方で「ステップのときに踏んだり引っかからないか心配だった」と苦労も明かした。

 舞も「大人っぽくエレガントな感じだった。妖精みたいだった」と妹の新たな魅力を発見した様子だ。

 その後、2人は小学生11人を相手にスケート技術を直接指導。主に舞が説明をして真央が実演するという姉妹ならではの息の合ったレッスンを披露した。

 子供たちと触れ合った真央は「今後、こういう機会はどんどん増えると思う。スケートの素晴らしさや夢を与えられるようになりたい」と意欲的。舞も「自分が始めたときを思い出して、先輩みたいになりたい」と決意を新たにした。

最終更新:10/31(火) 16:44
東スポWeb