ここから本文です

新小結・阿武咲が初対決へ気合 稀勢の里に「勝つのが恩返し」

10/31(火) 6:05配信

デイリースポーツ

 「大相撲九州場所」(11月12日初日、福岡国際センター)

 日本相撲協会は30日、九州場所の新番付を発表し、新小結阿武咲(21)=阿武松=が平成以降初土俵では年少6位となる21歳3カ月で新三役。秋場所で優勝した日馬富士(伊勢ケ浜)が1年ぶり東正位の横綱に就いた。

 新入幕から3場所連続2桁勝利で新小結に昇進した阿武咲が福岡市内の宿舎で会見し、横綱稀勢の里(田子ノ浦)との初対決に胸を躍らせた。

 十両時に何度も胸を借り、稽古をつけてもらい多くを教わった。「勝つのが恩返し。チャレンジャーで頑張りたい。自分は押し相撲なのでしっかり前に出たい」と力を込めた。

 師匠の阿武松親方(元関脇益荒雄)は「体全体がごむまりのよう。相手を起こして持って行く相撲がこれからも取れる」と伸びしろに太鼓判を押した。

 師匠は87年春場所、新小結で初日から快進撃し、2横綱4大関を撃破。“益荒雄旋風”を巻き起こし殊勲賞を獲得した。阿武咲は「映像は見ました。自分もしっかり暴れられるように」と、師匠に続く大物食いを狙う。