ここから本文です

メルセデス Aクラス セダン の姿を鮮明にキャッチ…CLA との差別化は?

10/31(火) 19:00配信

レスポンス

メルセデスベンツが、2017年4月の上海モーターショーでワールドプレミアしたブランド最小サルーン、『コンセプトAセダン』の市販型プロトタイプを鮮明にカメラが捉えた。

[関連写真]

その名の通り、『Aクラス』第4の派生モデルとなる4ドアセダンだ。Aクラスベースの4ドアセダンでは『CLA』が存在するが、4ドアクーペ的な立ち位置のCLAに対しAクラスセダンは、トランク部分を独立させたよりオーソドックスなセダンスタイルとなる。

プロトタイプからは、スポーティさを感じさせる高いベルトラインと吊り上がったシャープなヘッドライトが確認できる。またテールライトはコンセプトモデルやCLAのように、ボディサイドへ広がるデザインが採用される可能性が高い。

「コンセプトAセダン」では、AMGモデルの特徴であるパナメリカーナグリルが装着されていたが、市販型では不明だ。ボディサイズは全長4570mm、全幅1870mm、全高1462mmとAクラスハッチバックと比較してかなり広い室内となりそうだ。

パワートレインは、1.5リットル、又は1.6リットルガソリンエンジンや2リットルターボディーゼルが予想されている。

日本導入は2019年が有力だ。



《レスポンス 子俣有司@Spyder7》

最終更新:10/31(火) 19:00
レスポンス