ここから本文です

<電影少女>桂正和の名作マンガ初ドラマ化 主演は野村周平

11/1(水) 6:00配信

まんたんウェブ

 「ウイングマン」「I”s」で知られる桂正和さんの名作マンガ「電影少女」が、俳優の野村周平さん主演で連続ドラマ化されることが1日、明らかになった。同作は過去に実写映画化されたことはあるものの、ドラマ化は今回が初めて。2018年1月期にテレビ東京で放送される。

【写真特集】これが「電影少女」だ! ジャンプ作品の美しい原画の数々

 原作者の桂さんは「思い出深い作品なので、ドラマになることがすごくうれしいです。さらには今回のコンセプトが面白くて期待大。脚本を読ませていただいたときから、どんな人が演じるんだろうと、あれこれ想像していましたが、イメージピッタリで、ワクワクしています」と期待を寄せている。野村さんも「原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように精いっぱい演じたいと思います」と意気込んでいる。

 「電影少女」は、1989~92年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、累計発行数1400万部のSF恋愛マンガ。恋に悩む高校生の弄内洋太(もてうち・ようた)が不思議なレンタルビデオショップで借りてきたビデオを再生すると、いきなり美少女が画面から飛び出してきて……というストーリー。

 ドラマのタイトルは「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」で、原作マンガから約25年後の2018年が舞台。野村さん演じる主人公は、弄内洋太のおいの高校生・弄内翔(もてうち・しょう) 。おじの家の納屋で発見した古いビデオデッキに25年前に封印された“ビデオガール・アイ”との3カ月間の奇妙な共同生活が描かれる。

 脚本は映画「桐島、部活やめるってよ」「ディストラクション・ベイビーズ」の喜安浩平さん、監督は「Perfume(パフューム)」のアートディレクションや星野源さんの大ヒット曲「恋」のミュージックビデオの監督などを務めてきた関和亮さんが担当し、18年1月からテレビ東京の土曜深夜ドラマ枠「土曜ドラマ24」で放送される。

最終更新:11/1(水) 14:09
まんたんウェブ