ここから本文です

長友佑都5戦連続で先発のインテル、ペリシッチの豪快ミドルで勝利…首位ナポリを2差で追走/セリエA第11節

10/31(火) 6:45配信

GOAL

■セリエA第11節 ヴェローナ 1-2 インテル

ヴェローナ:パッツィーニ(59分)

美しすぎるサッカー女子たち!日本&海外のかわいい女の子、あなたの好みは?【100枚】

インテル:バレロ(36分)、ペリシッチ(67分)

現地時間30日、イタリア・セリエA第11節が行われ、インテルはヴェローナに2-1で勝利した。

今季未だ負け無しで2位につけるインテルは、18位と低迷するヴェローナでの一戦に臨んだ。長友佑都は5試合連続での先発出場。ルチアーノ・スパレッティ監督は、4試合連続で同じスターティングメンバーを起用した。

前半から優勢に進めるインテルは、36分に先制点。カンドレーヴァのアシストから、バレーロが決めてリードを手にする。

しかし59分、思わぬ形から失点する。GKハンダノヴィッチが、自陣エリア付近で相手FWと交錯。するとビデオ判定の結果、エリア内でファールがあったとしてPKとなる。このPKを、判定直後に投入されたFWパッツィーニが確実に決め、インテルは同点に追いつかれる。

それでも67分に勝ち越し弾。CKのこぼれ球を、ペリシッチがダイレクトで豪快に蹴り込みネットを揺らした。

その後はイ・スンウら攻撃的なカードを切ったヴェローナに苦戦を強いられたが、敵地でこの1点を守りきって勝利をあげた。

インテルはこれで開幕11試合で9勝2分。絶好調を維持し、首位ナポリを勝ち点2差で追走している。

GOAL

最終更新:10/31(火) 6:45
GOAL