ここから本文です

「マイティ・ソー」天海祐希、C・ブランシェットとの対面語る「吸い込まれそう」

10/31(火) 13:06配信

映画ナタリー

「マイティ・ソー バトルロイヤル」の舞台挨拶が、10月30日に大阪・TOHOシネマズ 梅田にて開催され、吹替キャストの天海祐希が登壇した。

【写真】「マイティ・ソー バトルロイヤル」ポスタービジュアル (c)Marvel Studios 2017(他3枚)

本作は、アベンジャーズの一員として知られるソーの戦いを描く「マイティ・ソー」シリーズ第3弾。故郷アスガルドを攻撃した死の女神ヘラに立ち向かうべく、ソーがアベンジャーズの盟友ハルク、宿敵である弟のロキらと即席チーム“リベンジャーズ”を結成する。

ケイト・ブランシェット演じるヘラに声を当てた天海。この日はヘラをイメージしたグリーンのドレスで登場した。ヘラ以外で好きなキャラクターを聞かれると、「やっぱりソーですよ! ソーソー!」「ヘイムダルのカッコよさ、渋さ、後ろから守ってくれるところが素敵」と回答する。しかし最後には「みんないい男ですから!」とまとめ、観客の笑いを誘った。

10月10日に米ロサンゼルスにて開催された本作のワールドプレミアに参加した天海は、ソー役のクリス・ヘムズワースとハルク役のマーク・ラファロに関して「取材が丸1日続く中、とても紳士的で素敵なお二人。疲れているのに楽しませてくれ、日本のファンにもメッセージをくれました」と語る。さらにブランシェットと対面した感動を、「信じられないくらい美しくて、吸い込まれそう!」と振り返った。

また舞台挨拶では、司会を務める若手芸人・霜降り明星がモノマネを披露する場面も。以前大阪の番組で天海と共演した際に「今後に期待」と言われてしまった2人が、桑田佳祐や坂田利夫のモノマネでリベンジに挑んだ。マニアックすぎて伝わりにくいネタにため息を吐く天海だったが、「ブレイクしソー」の札を上げ、「あのとき(前回の共演時)よりあか抜けてる! 人様の前に出ていくとこうやって磨かれるんだな、これは願望も込めて……私もがんばります」とエールを送った。

最後に天海は、観客に「皆様がご期待されている以上のものがこれから上映されます。笑えて、ホロッとできて、ワクワクできて、映画館を出るときにはスカッとします。みんなソーになった気分になれます。ぜひ楽しんでください」とアピールしてイベントを締めくくった。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」は、11月3日より日米同時公開。

最終更新:10/31(火) 13:06
映画ナタリー