ここから本文です

篠原涼子主演の月9「民衆の敵」第2話視聴率は7・1% またも高橋一生の裸シーン登場

10/31(火) 9:04配信

スポーツ報知

 30日に放送された女優・篠原涼子(44)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」(月曜・後9時)の第2話の平均視聴率が7・1%だったことが31日分かった。

【写真】今田美桜のノーバン投球

 初回の9・0%から1・9ポイントのダウンとなった。

 篠原が新米女性市議に扮し、市政や社会の悪と対決する痛快政治エンターティンメント。夫と子供と平凡な家庭を営んでいた智子(篠原)が、ある日、夫婦同時に失業。市議の高額報酬を目当てに出馬し、政治家一家のエリート・藤堂(高橋一生)ら一癖も二癖もあるライバル候補たちと選挙戦を繰り広げるというストーリー。今回、繰り上げ当選した智子の市議会での“戦い”がスタートした。

 初回でシャワーシーンを披露した高橋が今回はヌードシーンを披露。デリヘル嬢役で出演の今田美桜(20)の下着シーンもあった。また、話題を呼んでいる1話限り限定ゲストは水川あさみ(34)だった。

 “美容番長”ことシルクもワンシーン・ゲスト出演し、話題を呼んだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:10/31(火) 9:08
スポーツ報知