ここから本文です

阪神・金本監督、植田を鍛え上げる 課題の打撃「振る力つけろ」

10/31(火) 9:01配信

デイリースポーツ

 阪神・金本知憲監督(49)は30日、11月2日からの秋季キャンプで、植田海内野手(21)を攻守両面で鍛え抜く考えを明かした。シーズン終盤から1軍で起用する中で成長を遂げた若虎にハードな練習を課し、さらに力を伸ばしていく。

【写真】近い将来、阪神の遊撃を守る男 植田海に高まる期待

 「海なんかはいっぱい、やることが多い。振る力を付けること、ノックをひたすら受けることとか」

 この日で24日から始まった秋季練習も打ち上げ。秋季キャンプでの課題を個々に確認済みの中、成長著しい植田を徹底的に振り込ませる。そしてノックの雨も降らせる。これも期待の表れだ。

 「シーズン終わって体が大きくなったように見えるしね、強くなったようにね、下半身が。実戦向きだしね」

 元々、足の速さと守備に定評があった中、1軍の試合に出る中で打撃面も向上。DeNAとのCSファーストSの第3戦でも、ウィーランドから左打席で右翼線に運ぶ二塁打を放ってみせた。

 「あいつはたぶん試合の中でうまくなっていくところもあるから。使えば使うほどいいものが出てくると思う」と金本監督。この日の植田は打撃練習などで汗を流し「量も多くなると思いますけど、連ティーをやってる時に言われたこと(課題)もあるので、その意識を持ちながら量もやりたい」と意気込んだ。

最終更新:10/31(火) 15:35
デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 0:00