ここから本文です

鹿賀丈史 離婚に初言及「1人で気楽」

2017/10/31(火) 13:40配信

デイリースポーツ

 俳優の鹿賀丈史(67)が31日、都内で行われた、ミュージカル「ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち」(来年3月9~31日、日生劇場)の10周年記念パーティーに、共演の俳優・市村正親(68)と出席。自身の離婚について、初めて言及した。

 加賀は9月15日発売の週刊誌で、数年前に離婚していたこと、さらに30代後半とみられる一般女性との深夜デートが報じられていた。報道後、所属事務所は鹿賀が数年前に離婚していたことを認めていたが、この日は作品のテーマである家族愛について触れた際、自ら「家族は非常に大事なもの。家族のために頑張るっておっしゃる方もいる。ただ僕の場合は、離婚したりがあったもんですから、そういう意味では、1人で気楽かな。いろいろ考える時間を多く持てますから」と話した。

 同作は、鹿賀が演じるゲイクラブのオーナーと、市村が演じる同クラブのダンサーが恋愛し、事実上の夫婦関係にあるという物語。鹿賀と市村は08年に同作で共演し、10年間で4度目の夫婦返り咲きとなる。鹿賀は「我々が夫婦になりまして、10年が経ちました。今日はなぜか女、房の方にヒゲが生えてますけど」と笑いを誘い、市村は「今回はハードゲイでいこうかな」とジョーク混じりに語った。

最終更新:2017/10/31(火) 14:21
デイリースポーツ