ここから本文です

【フィギュア】宇野昌磨が帰国「いつもより疲れた」今後の課題は体力強化

10/31(火) 20:37配信

東スポWeb

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダを制した宇野昌磨(19=トヨタ自動車)が31日帰国し、羽田空港で報道陣の取材に応じた。

 史上初となる5大会連続300点超えを果たすなど、安定感抜群の宇野は「290点でも、300点でも自分が満足できるかが大事」としたうえで「高い点数がコンスタントに出せているのは昨年から取り組んできたことの成果だと思う」と話した。

 今後の課題は体力強化。カナダ杯では「ショートプログラム(SP)で体が動き過ぎて、いつもよりも疲れた。(SPとフリーが)連日でも対応できるようにしていきたい」。今後はSPの演技にプラスして何らかの負荷をかけたうえで、翌日にフリーを演じる練習を計画しているという。

 平昌五輪開幕まで11月1日でちょうど100日となるが「五輪までの日にちを数えたことはないのでよく分からないが、まだまだだなというイメージ。今は(次戦のGPシリーズ)フランス大会に向けて頑張りたい」と冷静だった。

最終更新:10/31(火) 20:37
東スポWeb