ここから本文です

どっちがカズレーザー!? 芥川賞作家・羽田圭介氏がコスプレ再挑戦

10/31(火) 13:14配信

スポーツ報知

 芥川賞作家・羽田圭介氏(32)が31日、都内で、新潮社とDMM GAMESのコラボゲーム「文豪とアルケミスト」の記者発表会に、お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(33)らと出席した。

 ハロウィーン当日にちなんで、羽田氏は発表会の途中で一端退席し、カズレーザー風の赤ジャケット&金髪スタイルのコスプレ姿で再登壇。カズレーザーは、「出た! 8・6秒バーズーカ。ラッスンゴレライ!」とボケながらも、身長もほぼ同じで意外とそっくりな姿に驚いた様子。羽田氏は「ちょっとでもカズレーザーさんの体形に近づこうと思って、朝7時半からバーベルとベンチプレスを1時間やってきたので疲れちゃった」と本気度を伺わせた。

 コスプレについて、1週間ほど前に関係者に提案されて「結構、僕もノリノリだった」と告白。「当日、僕もパンプアップしてから伺います」とメールで返信したという。コスプレが好きかの問いには「まぁ、そうですね」とまんざらでもないようだった。

 羽田氏は15年、芥川賞受賞の連絡を待っている際、ミュージシャン・デーモン閣下風のメイクをしてカラオケで熱唱していたことで話題となった。

最終更新:10/31(火) 13:15
スポーツ報知