ここから本文です

鹿賀丈史、離婚の心境語る「独りで気楽」

10/31(火) 14:00配信

スポーツ報知

 俳優の鹿賀丈史(67)、市村正親(68)が31日、東京・六本木のエンターテインメントレストラン「金魚」でミュージカル「ラ・カージュ・オ・フォール」製作発表に出席した。先月、一般女性の妻と数年前に離婚したことが報じられた鹿賀は「独りで気楽かな」と心境を語った。

 会見中、自身の離婚について聞かれた鹿賀は「家族というのは大事なもの。家族のために頑張るという方もいる。僕の場合は離婚したりがあったもんですから…。そういう意味では独りで気楽かな。今はそういう気持ち。考える時間が多く持てたりするので」と淡々と応じた。

 作品は南仏のゲイクラブを舞台に、鹿賀演じるオーナーと市村演じるゲイの看板スターの“夫婦愛”をコミカルに描く。2人が2008年に同作でコンビを組み、今回が4度目となるが、鹿賀は「夫婦になりまして10年がたちました。今日は女房(市村)がヒゲを生やしてますが」と笑わせ、市村も「いい旦那を得たなとしみじみ思います」とニヤリ。劇団四季時代から45年もの親交があり、市村は「ミュージカルでスタートした2人が、45年たって第一線でやれてるのはうれしい」と顔をほころばせた。公演は来年3月9日から31日に東京・有楽町の日生劇場で。

最終更新:10/31(火) 19:19
スポーツ報知