ここから本文です

テレ朝社長、選挙での誤当確を謝罪 50票差の接戦「関係者に申し訳ない」

10/31(火) 16:47配信

デイリースポーツ

 テレビ朝日が31日、東京・港区内の同局で定例社長会見を行った。10月22日投開票の衆院総選挙の報道で新潟3区の小選挙区で誤った当選確実を出してしまったことを、角南源五社長が謝罪した。

【写真】日テレ社長、選挙特番の改善点は「たくさんあってね…」

 角南社長はミスがあったことを認めた上で、「関係者には大変申し訳ないと思っております。当選情報につきましてはミスがないように徹底してまいりたいと思います」と語った。報道担当者も「大変申し訳ありません。本当に判断ミスですので、あらためてきちっと研修をやって、二度とこういうことがないようにしてまいりたいと思います。本当に申し訳ございません」と神妙だった。

 新潟3区は民進系無所属の前職・黒岩宇洋氏が当選したが、テレビ朝日は自民党前職の斎藤洋明氏に一度、当選確実を出し、その後、訂正した。この両者の得票数は50票差で、斎藤氏は比例で復活当選している。

最終更新:10/31(火) 17:40
デイリースポーツ