ここから本文です

元西武のBC新潟・長田秀一郎が現役引退を表明…松坂世代また一人去る

10/31(火) 15:49配信

スポーツ報知

 元西武でBCリーグ・新潟の長田秀一郎投手(37)が現役引退することが31日、明らかになった。同日、新潟が発表した。本人からの申し出を受け任意引退となるという。

【写真】巨人を戦力外になった実松も松坂世代

 長田は球団を通じて、「15年間ピッチャーとしてマウンドに立つことが出来るとは思っていませんでした。最後にハードオフエコスタジアムのマウンドに立てて幸せでした。新潟のサポーターの皆様、スポンサーの皆様ありがとうございました。野球が大好きなファンの皆様、全国各地で少年野球、中学、高校、大学、社会人、独立リーグ、NPBと沢山の試合が行われています。多くの方々に野球を楽しんでいただき、選手の素晴らしいプレーに大きな歓声、声援を送っていただきたいです。時にはヤジでも構いません。今日まで本当にありがとうございました」とコメントを残した。

 長田は鎌倉学園から慶大に進み、2002年、自由獲得枠で西武に入団。主に中継ぎで活躍し、13年のシーズン途中でDeNAに移籍。16年オフに戦力外通告を受け、今年は新潟でプレーしていた。NPBでは25勝25敗、2セーブ、85ホールド、防御率4・09だった。多くの逸材を輩出した松坂世代の一員だった。

最終更新:10/31(火) 16:02
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/22(水) 13:05