ここから本文です

パイレーツVAMPSや無限の住人MIYAVIら見参、強烈仮装が目を引いたハロパ2日

10/31(火) 22:36配信

音楽ナタリー

VAMPS企画のハロウィンイベント「HALLOWEEN PARTY 2017」が、10月27~29日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催された。この記事では2日目の模様を紹介する。

【写真】BREAKERZ(他17枚)

2日目の公演には、「HALLOWEEN PARTY」常連であるBREAKERZ、氣志團、ももいろクローバーZに加え、初登場のFLOWとMIYAVIが出演した。トップバッターは「HALLOWEEN PARTY」に全日程参加するBREAKERZ。場内が暗転するとスクリーンには「BREAKERZ 今日の仮装は……」の文字が映し出され、続いて「けものフレンズ」の文字が浮かぶとオーディエンスは大爆笑した。そしてランウェイにサーバルに扮したDAIGO(Vo)、アライグマに扮したAKIHIDE(G)、フェネックに扮したSHINPEI(G)が現れ「ようこそジャパリパークへ」を熱演。キュートなルックスとパフォーマンスでたちまちオーディエンスを虜にし、情熱的な「BAMBINO ~バンビーノ~」へ流れた。DAIGOは「アラフォーのバンドとしてこの仮装は一瞬躊躇もあったんですが、上には上がいますから」と暗にHYDEの例年の仮装のことを示唆し、そのまま“神”を崇めるために作ったというノイジーでラウドな「GOD」を投下。さらにメンバー全員がリードボーカルをとる「スマイル100%」、アップテンポな「SUMMER PARTY」を届けた。

続くFLOWはメンバー全員が、アニメ版のテーマソングを5回担当したことがある「NARUTO -ナルト-」の主人公・うずまきナルトの仮装に挑戦。幕が開くなり、5人は「影分身の術」のポーズを決め「Sign」を皮切りに、「Steppin' out」「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」とアッパーでノリのいいナンバーをパフォーマンスし、会場を盛り上げていく。KEIGO(Vo)は「どうも“5人ナルト”FLOWです。5人共仮装してライブをするのが初めてで、デビュー15年の節目の年に初体験ありがとうございます」とVAMPSに感謝を伝え、「影分身の術」をやりたいがために全員がナルトの仮装をすることにしたことを告白。観客の反応を見て「スベらなくてよかった!」と安堵した。最後はFLOWの名前をお茶の間に広めることになったアニメ「NARUTO -ナルト-」のオープニングテーマ「GO!!!」を披露。フロントの4人はランウェイを駆け回り、シンガロングを巻き起こして去っていった。

転換後にスピーカーから聞こえてきたのは、氣志團のSEであるCOMPLEXの「BE MY BABY」。徐々にステージが明るくなり、姿を見せたのはトレードマークであるサングラスを外し、赤いスーツにネクタイで決めた氣志團の5人だった。彼らはまずスペシャルアレンジを施した「One Night Carnival~HALLOWEEN PARTY2017ver~」を披露し観客を魅了。さらに「喧嘩上等」を届け一体感を作り出す。綾小路翔(Vo)は「結成20周年を迎え気付いたことがある……俺たちは普段から仮装してるってことだ。でも、そろそろ “素”の自分で勝負しようと」と“ 素”を強調しながらトークを繰り広げ、その後のMCでも「大きな荷物を降ろしてみたら、新しい景色が見えた!」とうれしそうに語る。ラストナンバーの「涙BOY 涙GIRL」では5人がハンドマイクでランウェイを練り歩いたり、柵付台車に乗ったりしてアリーナエリアを巡回していた。

ももいろクローバーZのメンバーは、百田夏菜子が山寺宏一と共に主題歌を務める「映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ」のキャラクターの仮装でステージに。ノシシになった佐々木彩夏が「HYDEさんが求めてたのはこれだったのかな? セクシーじゃない!」と首をかしげていると、かいけつゾロリに扮した百田が「俺様の名はゾロリ!」と名乗りながら登場した。そして映画の宣伝を挟みライブが本格的にスタート。かわいらしい仮装とは裏腹に5人は、ランウェイを駆けアグレッシブなナンバーを続けてパフォーマンスしていく。「走れ!」「いつか君が」の2曲でメンバーはお菓子が入ったカボチャのバッグを手にフロアへ赴き、観客との触れ合いを笑顔で楽しむ。そしてファンへの思いを込めて「今宵、ライブの下で」を歌い上げた。

ホストであるVAMPSはこの日は映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのキャラに仮装。HYDEはジャック・スパロウ、K.A.Z(G)はウィル・ターナー、Ju-ken(B)はデイヴィ・ジョーンズ、ARIMATSU(Dr)はヘクター・バルボッサ、JIN(Key)はエリザベス・スワンに扮し、それぞれ見事な仮装で観客のため息を誘う。ランウェイに集った彼らはまずJINの弾くアコーディオンの音色が不気味さを増す「HALLOWEEN PARTY -海賊 Ver.-」を披露。曲が終わるとHYDEは「今日は重いよ」と衣装の重さをボヤきつつ「今日もお前らを死ぬほどかわいがってやるからな!」と宣言した。ヘビーな空気を醸し出す最新アルバムの表題曲「UNDERWORLD」やダンサブルな「B.Y.O.B. (BRING YOUR OWN BLOOD)」を挟み、HYDEとK.A.Zは会場中央に用意された海賊船を模したフロートに移動し、フロアを回りながらシンガロングを巻き起こすアンセム「THE JOLLY ROGER」「REVOLUTION II」をドロップした。

VAMPSの面々が「SEX BLOOD ROCK N’ROLL」で熱狂の渦を作り出したのに続いて、スペシャルゲストのMIYAVIが現れる。映画「無限の住人」の主人公・万次に扮した彼は、木村拓哉から直々に借りてきたという衣装に身を包み、ランウェイで華麗な殺陣を披露し観客の視線を奪う。彼がステージ中央に戻り刀をギターに持ち替え「WHAT'S MY NAME? 2017」を弾き出すと、HYDEが再び登場した。彼はMIYAVIの豪快なギタープレイに負けぬシャウトで、オーディエンスを圧倒していく。さらに2人はMIYAVIの最新アルバム「SAMURAI SESSIONS vol.2」に収録されているコラボ曲「All My Life」を初披露。肩を組んだり、ランウェイに一緒に繰り出したり、息の合った様子を見せながらキャッチーなロックチューンで会場の熱気を高めた。

最後はBREAKERZ、FLOW、氣志團、MIYAVIといった出演者たちに加え、明希(シド)、Shinya(DIR EN GREY、SERAPH)、逹瑯(MUCC)、柩(GREMLINS、NIGHTMARE)、分島花音が合流し、イベントのテーマ「HALLOWEEN PARTY」をお菓子を配りながらプレイ。にぎやかで楽しげな空気の中でイベントの2日目はクライマックスを迎えた。

「HALLOWEEN PARTY 2017」2017年10月28日 幕張メッセ国際展示場9~11ホール セットリスト
BREAKERZ
01. BAMBINO ~バンビーノ~
02. GOD
03. スマイル100%
04. SUMMER PARTY

FLOW
01. Sign
02. Steppin' out
03. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
04. COLORS
05. GO!!!

氣志團
01. One Night Carnival~HALLOWEEN PARTY2017ver~
02. 喧嘩上等
03. ライバルズ
04. One Night Carnival
05. 涙BOY 涙GIRL

ももいろクローバーZ
01. Neo STARGATE
02. DECORATION
03. サラバ、愛しき悲しみたちよ
04. BLAST!
05. 走れ!
06. いつか君が
07. 今宵、ライブの下で

VAMPS
01. HALLOWEEN PARTY -海賊 Ver.-
02. LOVE ADDICT
03. ANGEL TRIP
04. UNDERWORLD
05. B.Y.O.B. (BRING YOUR OWN BLOOD)
06. THE JOLLY ROGER
07. REVOLUTION II
08. SEX BLOOD ROCK N’ROLL

MIYAVI×HYDE
01. WHAT'S MY NAME? 2017
02. All My Life

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
01. HALLOWEEN PARTY

撮影:今元秀明、緒車寿一、田中和子

最終更新:10/31(火) 22:36
音楽ナタリー