ここから本文です

妖怪VAMPS!レプリカントYOSHIKI!全身塗装の金爆!ハロパ千秋楽はカオス

10/31(火) 22:53配信

音楽ナタリー

VAMPSによるハロウィンイベント「HALLOWEEN PARTY 2017」が、10月27~29日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催された。この記事では最終日となった29日公演の模様を紹介する。

【写真】BREAKERZ(他18枚)

最終日にはVAMPSのほかに、BREAKERZ、中島美嘉、MUCC、ゴールデンボンバー、YOSHIKI×HYDEといった豪華な面々が登場。スペシャルバンドHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAには、青木隆治、明希(シド)、Shinya(DIR EN GREY、SERAPH)、柩(GREMLINS、NIGHTMARE)、分島花音、咲良菜緒(チームしゃちほこ)も加わり、最終日にふさわしい盛り上がりを見せた。

先陣を切った「HALLOWEEN PARTY 2017」全日出演のBREAKERZは、「銀魂」の仮装に挑戦。DAIGO(Vo)は坂田銀時、AKIHIDE(G)は神楽、SHINPEI(G)は志村新八に扮して現れ、なぜかにゃんごすたーと戦う寸劇を始めた。3人がかりでにゃんごすたーを倒したのち、バンドは「WE GO」でライブをスタート。なお“神”に捧げるために作ったという「GOD」を歌う前にDAIGOは「この『HALLOWEEN PARTY』、HYDEさんが盛り上がってもらえればいいと思ってるんで!」と豪語し、歌い終えたあとは満足気な表情を浮かべていた。

2番手のMUCCは、逹瑯(Vo)がカラス天狗、ミヤ(G)が「NARUTO -ナルト-」の主人公・うずまきナルト、YUKKE(B)が「美少女戦士セーラームーン」のキャラクター水野亜美、SATOち(Dr)が自身のマスコットキャラクターのいぬちという思い思いの仮装をしながら、シリアスなライブを展開していく。途中でYUKKEが逹瑯に「バラードをやっても説得力がない!」といじられつつ、「いろいろ動きづらい」とセーラーマーキュリーに変身する衝撃的な演出も。短いスカートの裾を翻しパンツを見せながら熱演する彼の姿に、観客は笑いを禁じ得ない様子だった。

青木隆治による見事なモノマネショーを経て、中島美嘉の出番へ。マンガ「イノサン」に登場する女処刑人マリー=ジョセフ・サンソンに仮装した彼女が凛々しい姿を見せると歓声が沸き、さらに「GLAMOROUS SKY」を歌い始めると大歓声が会場に響いた。オーディエンスを味方に付けた彼女は、「雪の華」でしっとりと切ない雰囲気を、「BLOOD」では剣を振り回しながら緊迫した空気を作り出す。最後に彼女は「めっちゃかわいい曲なんでどう歌っていいかわかんないんですけど… …」と観客に手拍子を求めながら新曲「AorB」を照れくさそうに披露していた。

毎回観客の予想の斜め上をいく仮装に挑んでいるゴールデンボンバーは今回「衣装を使わない仮装」というコンセプトのもと、鬼龍院翔(Vo-karu)がダビデ像、喜矢武豊(Gita-)が小便小僧、歌広場淳(Be-su)がモアイ像、樽美酒研二(Doramu)が考える人に扮し、現れるなり観客の悲鳴を誘った。「#CDが売れないこんな世の中じゃ」を歌い終えると鬼龍院は、「もう仮装のネタがないんです」とこぼす。そんな鬼龍院をよそに喜矢武は「僕の“おしっこ”を飲むと美容にいいんです。いろんな人が群がってきます」と胸を張り、樽美酒は「考えないと頭がおかしくなりそうなんで、今日は納得いくまで考えさせてください」と早々にパフォーマンスを放棄した。そうこうするうちに「抱きしめてシュヴァルツ」のトラックが流れ始め、鬼龍院が熱唱する中、喜矢武は群がる人たちに向かって股間から水を飛ばし、樽美酒はドラムセットの裏で麻雀に集中。さらに喜矢武の前の群衆にギズモの仮装をした柩が現れ、オーディエンスは再び悲鳴を上げた。ゴールデンボンバーのカオスなステージはそのあとも続き、最終的にはメンバー全員がパンツ一丁でランウェイを駆け回る事態に。40分のステージを終えた鬼龍院は「ごめんねー」と申し訳なさそうに小走りで去っていった。

最終日のVAMPSは全員が妖怪に仮装。 HYDE(Vo. G)は雪女、K.A.Z(G)は妖狐、Ju-ken(B)はカラス天狗、ARIMATSU(Dr)は赤鬼、JIN(Key)はろくろ首に扮し、客席を妖怪ダンサーたちと練り歩いたのち、「HALLOWEEN PARTY -妖怪 Ver.-」でライブの幕開けを飾った。女装していることもあってかHYDEは「皆さん、元気に死んでるかしら? 恐ろしい目にあう覚悟はある?」と柔らかい言葉遣いでオーディエンスを煽りつつ、K.A.Zの弾く豪快なギターに乗せて「EVIL」「BLEED FOR ME」などを熱唱。一転して「VAMPIRE'S LOVE」では薔薇の花を1本手に、観客が掲げるスマホのライトの中で切ない声を聞かせた。そしてラストナンバーの「DAMNED」では、宙吊りになったHYDEが吹雪を思わせる演出の中で会場中に歌声を轟かせる。クライマックスでHYDEは強風を浴びながら絶唱し、最後は壮絶な余韻を残して奈落へと消えていった。

昨年に続き実現したYOSHIKI×HYDEのステージは、映画「ブレードランナー」のプリスに仮装したYOSHIKIの独奏で幕を開けた。彼が「紅」のワンフレーズを弾き終えるとHYDEが現れ、アカペラでL'Arc-en-Cielの「叙情詩」を情感豊かに歌い上げる。その声に寄り添うようにYOSHIKIはピアノを重ね、2人のパフォーマンスに観客はうっとりと見入った。HYDEは「(YOSHIKIとは)一緒にやってて『光栄』としか言えなくて」と微笑み、「この曲を歌う日が来るとは……」と感慨深そうにしながらX JAPANの「ENDLESS RAIN」をYOSHIKIの伴奏で歌い始めた。HYDEは途中でYOSHIKIの隣に座り息を合わせながらセッションを繰り広げ、曲が終わるとYOSHIKIと抱き合った。

その後、イベントはフィナーレへ。出演者たちは会場を練り歩きながらテーマソング「HALLOWEEN PARTY」を歌い、HYDEの「また来年! 首洗って待ってろよ!」という宣言をもって「HALLOWEEN PARTY 2017」は終幕した。

「HALLOWEEN PARTY 2017」2017年10月29日 幕張メッセ国際展示場9~11ホール セットリスト
BREAKERZ
01. WE GO
02. GOD
03. GREAT AMBITIOUS
04. 灼熱

MUCC
01. フリージア
02. ファズ
03. KILLEЯ
04. ハイデ
05. 蘭鋳

中島美嘉
01. GLAMOROUS SKY
02. 雪の華
03. BLOOD
04. AorB

ゴールデンボンバー
01. #CDが売れないこんな世の中じゃ
02. 抱きしめてシュヴァルツ
03. やんややんやNight ~踊ろよ千葉~
04. 欲望の歌
05. †ザ・V系っぽい曲†
06. 女々しくて

VAMPS
01. HALLOWEEN PARTY -妖怪 Ver.-
02. EVIL
03. CALLING
04. BLEED FOR ME
05. DEVIL SIDE
06. B.Y.O.B. (BRING YOUR OWN BLOOD)
07. VAMPIRE'S LOVE
08. DAMNED

YOSHIKI×HYDE
01. 叙情詩
02. ENDLESS RAIN

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
01. HALLOWEEN PARTY

撮影:今元秀明、緒車寿一、田中和子、笠井銑衣智

最終更新:10/31(火) 22:53
音楽ナタリー