ここから本文です

ソフトバンク日本一王手!自慢の継投で逃げ切り「明日決めるという強い気持ちで」

10/31(火) 22:29配信

デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第3戦、DeNA2-3ソフトバンク」(31日、横浜スタジアム)

 ソフトバンクが逃げ切り、3連勝で2年ぶり8度目の日本一に王手をかけた。

【写真】内川の先制二塁打

 ソフトバンクは初回2死二塁から内川の右中間適時二塁打で先制。初戦から3試合連続で初回に先制点を挙げた。四回には1死二、三塁から高谷の中前2点適時打で加点した。

 先発の武田は、初回から制球に苦しみ五回途中1失点で降板。2点リードの六回には1死満塁のピンチで4番手・森が倉本に二塁適時内野安打を許したが、リードを守った。七回からモイネロ、八回は岩崎、九回は守護神のサファテと自慢の救援陣で逃げ切った。

 工藤監督は「手に汗握る試合で、ぼくも手の汗がずっとぬぐえずにユニホームでずっとふいていました。それだけ白熱した試合だったと思います」と振り返った。3連勝で王手をかけ「みんなの力を合わせて、明日決めるというくらいの強い気持ちでゲームにのぞみたい」と一気に日本一に駆け上がる覚悟を示した。

 日本シリーズでこれまで3連勝(引き分けを含む)して王手をかけたケースは17度あり、14度が日本一に輝いている。

最終更新:10/31(火) 22:44
デイリースポーツ