ここから本文です

広島らしいドラフト、育て上げて黄金時代へ

11/1(水) 16:04配信

スポーツ報知

 終わってみれば、広島らしいドラフトだった。6選手中高校生が4人に、大学生2人。社会人はゼロで全員が将来性を見込んでの指名。1位で地元・広陵高の中村奨成捕手(18)を2球団の競合の末に獲得すると、2位で熊本工の152キロ右腕・山口翔(18)。3位のケムナ・ブラッド・誠(22)=日本文理大=は大学生だが、即戦力というよりは将来性を買っての指名だ。

【写真】広島の1位の指名が決まり、部員に胴上げで祝福される広陵・中村

 以下、4位の永井敦士外野手(18)=二松学舎大付高=、5位の遠藤淳志投手(18)=霞ケ浦高=、平岡敬人投手(22)=中部学院大=と、これでもかと素材型を並べた。超高校級捕手と評判の中村も、出てくるまでに3、4年はかかるだろう。

 裏を返せば、来季も現有戦力で十分に戦えるということ。戦わねばならないということ。確かにカープのレギュラー陣は若い。「タナキクマル」、鈴木誠也、安部友裕ら主力は20代後半。投手陣も薮田や岡田ら伸び盛りの年代の選手がそろい、来季いきなり働けなくということは考えづらい。

 今年のドラフトの狙いは明白。「その次の世代」を見据えた補強だ。実は来季から、今の主力が続々と国内FA権を獲得する。

 【2018年】松山、丸。

 【2019年】会沢、菊池、今村、野村

 【2020年】田中

 【2021年】大瀬良、九里、中崎

 (主な選手のみ。順調にシーズンをすごした場合の最短での取得年)

 カープはこれまで主力のFA流出に泣いてきた歴史がある。当時とは状況が激変したとは言え、備えておく必要がある。今季、ファームでも26年ぶりに優勝を遂げた。2年目の坂倉や、高橋昂也ら次世代を担う若手も育ってきている。育成に定評のある広島は、育て上げて黄金時代を作る。

(記者コラム 広島担当・角野 敬介)

 

最終更新:11/1(水) 18:05
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 2:15