ここから本文です

【日本ハム】緒方耕一氏が野手総合コーチに就任

11/1(水) 7:03配信

スポーツ報知

 日本ハムは31日、野球評論家の緒方耕一氏(49)が野手総合コーチに就任すると発表した。

 緒方氏は巨人時代、2度の盗塁王に輝くなど俊足巧打のスイッチヒッターとして活躍。引退後は巨人の1、2軍の外野守備走塁コーチ、09、13年のWBCでは侍ジャパンのコーチを任されるなど国際経験も豊富だ。古巣以外のチームに在籍経験はなく、8年ぶりの現場復帰となる。「野手総合」という新設ポストで栗山政権7年目をサポートしていく。

 また、16年から2年間、米パドレスにコーチ留学していた中嶋聡GM特別補佐(48)がバッテリー兼作戦コーチに就任し、3年ぶりに現場復帰。金子誠打撃コーチ(41)が内野守備コーチに、高橋憲幸2軍投手コーチ(46)が1軍投手コーチに、高橋信二捕手兼打撃コーチ補佐(39)が2軍バッテリー兼打撃コーチ補佐に就任することも合わせて発表された。

 ◆緒方 耕一(おがた・こういち)1968年9月2日、熊本県生まれ。49歳。熊本工では内野手として3年春夏の甲子園出場。86年ドラフト6位で巨人入団。3年目に1軍初出場。4年目に初めて規定打席に到達し盗塁王。93年にも盗塁王。98年引退。2002年に巨人2軍外野守備走塁コーチ。03年に退団も06年に復帰。10年まで1、2軍でコーチを歴任した。通算685試合、打率2割6分3厘、17本塁打、130打点、96盗塁。右投両打。

最終更新:11/1(水) 7:34
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 19:00